道具

沖縄のするするスルルーにおすすめのリールを紹介


記事を読むのにかかる時間: 2

今回は、磯から大物を狙う釣りである『するするスルルー』のオススメリールを紹介します!

 

リールに求められる性能は?

リールに求められる性能は?

 

するするスルルーにおいてリールに求められる性能は様々ありますが、特に重要なのは以下の性能であると考えております。

 

  • 巻き取り力
  • 巻き重りのしにくさ

 

それではその理由について説明します。

 

巻き取り力

巻き取り力

 

するするスルルーにおいては、不意に大物が掛かってくることがしばしばあります。

 

不意に大物が掛かった時にリールに求められるのが、魚の引きに負けない「巻き取り力」です。

 

底付近で魚を掛けると魚はすぐに根に走ります!

 

巻き取り力が弱いリールだと必死に根に走る魚の引きに負け、魚を逃す確率が高くなってしまいます。

 

そのため、するするスルルーのリールには巻き取り力が求められるのです。

 

巻き重りのしにくさ

巻き重りのしにくさ

 

するするスルルーでは、仕掛けを100m以上流すこともあり、仕掛けの回収はアングラーにとって大きな負担となります。

 

巻き重りするリールだと、仕掛けの回収の度に腕に負担がかかり、いざ魚が掛かった時に万全のコンディションで魚とファイトすることができなくなります。

 

巻き重りの負担がかかるリールではストレスが溜まり、快適な釣りができなくなってしまいます。

 

おすすめのリールは?

おすすめのリールは?

 

魚を獲る確率を少しでも高め、快適な釣りをするためには「巻き取り力」「巻き重りのしにくさ」が必要であると説明しました。

 

続いてはそれらの性能を備えたおすすめのリールを紹介します。

 

結論から言うと、するするスルルー用のリールで人気が高いのは以下のリールです。

 

  • シマノ ツインパワーSW(中級者向け)
  • シマノ ステラSW(上級者向け)
  • ダイワ キャタリナ(中級者向け)
  • ダイワ ソルティガ(上級者向け)

 

上記で紹介したリールについて、それぞれの特徴や価格について説明していきます。

 

1.シマノ ツインパワーSW

1.シマノ ツインパワーSW

 

シマノツインパワーSWの特徴

  • 暴力的な魚の引きにも耐える圧倒的なパワーを備える!
  • 大物と何度連続して戦っても衰えない耐久性を持つ!
  • Xプロテクトにより高い防水性能を実現!
  • XSHIPで巻上げの重さ解消!

 

ツインパワーSWには3つのギア比があります。

 

  • HG(ハイギア仕様)
  • XG(エクストラハイギア仕様)
  • PG(パワーギア仕様)

 

スプールの糸巻き量から考えてするするスルルーには10000PG又は14000XGが適していると考えます。

 

ハイギアのリールはハンドル1回転で糸を巻き取ることができる量が多い一方で、巻き上げる際の重さがあります。

 

しかし、このツインパワーはギアの噛み合いが強固になっているので、ハイギアタイプのリール特有の巻き上げる時の重さが解消しております。

 

シマノツインパワーSWの価格

 

約5万~6万円

 

ツインパワーSW 14000XG インプレ打ち込み用のスピニングリールとしてシマノのツインパワーSW14000を使用しておりますが、魚の強烈な引きにも負けないパワーがあるオススメ...

 

 

2.シマノ ステラSW

2.シマノ ステラSW

 

シマノステラSWの特徴

 

  • 「耐久性」、「ドラグ性能」、「巻き上げパワー」、「剛性」、「防水性能」においてシマノ最上級!
  • XーRIGID GEARによりギアが肉厚になり、超大型魚とのフルドラグファイトも可能な強さ!
  • X-SHIELD、XーPROTECTによる強力な防水性能、耐久性!

 

シマノの最高峰の技術を詰め込んだステラ!

 

このリールであればどんな大きな魚が掛かっても安心してやり取りができます。

 

するするスルルーにはツインパワーと同じく10000PG又は14000PGが適していると考えます。

 

シマノステラSWの価格

 

約9.5万円~10万円

 

シマノ最上級モデルだけあって値段もそれなりにします。

 

金銭的に余裕があるであれば断然ステラを買うべきですが、そこまでお金を出せないのであればツインパワーを買うことをオススメします。

 

ツインパワーもステラと同程度の性能を有しております。

 

 

3.ダイワ キャタリナ

3.ダイワ キャタリナ

 

ダイワキャタリナの特徴

 

  • 耐久性と操作性に定評あり!
  • 「マグシールド」、「マグシールドボールベアリング」による防水性能!
  • ATD搭載でスムーズな滑り出しでドラグが効く!

 

2016年モデルのキャタリナはハイエンドモデルのソルティガにも劣らない性能を備えていおります。

 

ATDによりファイト中のドラグ調整が減り、ラインブレイクを防ぎながら魚を速く獲り込むことができます!

 

リールの番号については、4500番又は5000番がオススメ!

 

6500番は大きいので、巻き取りの際に重たくなるので疲れやすくなります。

 

ダイワキャタリナの価格

 

約5万~6万円

 

キャタリナはシマノで言うところのツインパワーSWと同じ位置づけになります。

 

両者の性能はほとんど変わらないので、自分の好みで選んでよし!

 

4.ダイワ ソルティガ

4.ダイワ ソルティガ

 

ダイワソルティガの特徴

 

  • 「MAGSEALD」、「ATD」、「AIR ROTOR」などダイワの技術の結晶を詰め込んだ最上級モデル!

 

リールの番号については、キャタリナと同じく4500番又は5000番がオススメ!

 

ダイワソルティガの価格

 

約8万円~9万円

 

ソルティガはシマノで言うところのステラと同じ位置づけになります。

 

ハイエンドモデルなので、必要な性能は十分備えております。

 

こちらも金銭的に余裕のある上級者ならソルティガを選び、そうでない方はキャタリナがおすすめです。

 

ツインパワーとキャタリナを比較

するするスルルーのおすすめリールを紹介してきたが、どれを買えばよいか迷っている方のためにツインパワーとキャタリナを簡単に比較してみましょう!

 

ツインパワー(14000XG)

  • ボールベアリング=10/1
  • 最大巻上長=134cm
  • 最大ドラグ力=25kg
  • 価格=70,300円

 

キャタリナ(5000H)

  • ボールベアリング=8/1
  • 最大巻上長=121cm
  • 最大ドラグ力=15kg
  • 価格=67,000円

 

全く同じ条件ではないので単純に比較はできないが、性能はほとんど変わらない。

 

両者の違いは、

 

  • ボールベアリング
  • 最大巻上長

 

については、ツインパワーが上回っているということ。

 

他方で価格はキャタリナの方が安くなってます。

 

個人的にはシマノ派なのでツインパワーですね~!

 

まとめ

 

  • するするスルルー用のリールに求められる性能は「巻き取り力」「巻き重りのしにくさ」!
  • 中級者なら「ツインパワー」か「キャタリナ」
  • 上級者なら「ステラ」か「ソルティガ」

 

モデルチェンジしたシマノ ベイシス BG のインプレシマノのスルルー用ロッドとして人気を博したベイシスBGがついにモデルチェンジ! ということで、2018年ベイシスBGが旧ベイシスB...
シーランド 福袋 ベイシスBG2018年12月21日に販売開始されたシーランドの福袋! それぞれの部門で豪華な福袋がございました! フカセ釣り部門 ...