釣行記

胴調子ツインパルサーSZⅡの曲がりが良い


記事を読むのにかかる時間: 2

今回は梅雨明け釣行のフカセ編になります。

 

フカセは午前中のみの短時間勝負!

 

大きなアタリがあったもののアワセが遅れて大物を逃した打ち込み編については以下になります!

 

梅雨明け釣行 打ち込みで大きなアタリがあるも。。。梅雨の間は釣りができずに大人しくしておりましたが、梅雨が明け夏日和になってきたのでゴールデンウイーク以来となる釣行へ。 梅雨で釣り...

 

フカセタックル

宮古島遠征でポッキーしたツインパルサーSZⅡが約3週間の入院から帰還!

竿:シマノ ツインパルサーSZⅡ 1.5号

リール:シマノ テクニウム 

道糸:4号

ハリス:3号

ウキ:ソルブレ ヴァージ

針:テクノグレ 7号

 

 

フカセ釣り開始

海面一面エサ取りだらけ。。。

マキエを撒くとエサ取りだらけで良型の姿は見えず。。。

 

海面一面にエサ取りの大群。。。

 

フカセ釣り開始

 

その上、エサ取りが沖までマキエを拾いに行くので苦戦を強いられる釣りになりそう。。。

 

エサ取りは視覚や嗅覚によってマキエに集まっているだけでなく、音にも反応してマキエに集まって来るので夏のエサ取り対策はかなり苦戦します。。。

 

潮の流れが左から右に流れているので、エサ取り用のマキエは潮下の右側に撒き、本命用のマキエは潮上に撒き、仕掛けも潮上に入れるようにして仕掛けがエサ取りに取られないようにする。

 

エサ取りは潮の流れに乗ったマキエを追って潮下の方に行くのでこの方法によりエサ取りにエサを取られにくくなります。

 

50センチオーバチャー登場

しばらくマキエを撒いて海中を観察していると際に50センチ近いオーバチャーが出てきたので、オーバチャーを狙う。

 

足元の際にオーバチャーは見えているものの、オーバチャーはマキエに興味を示している様子はなし。

 

マキエを沖に撒きエサ取りをあえて沖に集めた上で、オーバチャーが近づいて浮いてくるタイミングに合わせて足元にそっと仕掛けを落とす!

 

これを繰り返しオーバチャーを狙うもオーバチャーはサシエに興味を示さず喰わない。。。

 

ニセラン40センチゲット!

オーバチャーを掛けることができずにいると、オーバチャーが消えてしまったので仕掛けを沈めて底狙いに変更!

 

すると数投目で張っていた道糸がバチバチ~!

 

久しぶりのひったくりに慌てながらもベールを返しやり取り開始!

 

ツインパルサーの曲がりを味わいながらジワリジワリと竿の胴で魚の引きを受け止めながら魚を浮かせる!

 

ツインパルサーの曲がりが気持ち良くてたまらない!

 

ニセラン40センチゲット!

 

浮いてきた魚はニセラン。。。

 

 

 

昨年に引き続き今年も本物トカジャーではなく偽物ばかりの年になりそうですね~。。。

 

沈め釣りの場合、仕掛けを飲まれがちですが針掛かりもバッチリ~!

 

よく見るとニセランって可愛い目をしております。

 

ニセラン40センチゲット!<

 

トカジャーを釣るのは好きですが味は好きでないので即リリース。

 

その後も同じように底を狙うがアタリなし。

 

沖の中層にグルクンの群れがいたのでグルクン狙いにシフトチェンジ!

 

ハリスを3号➡1.5号へ!

針をテクノグレ7号➡4号へ!

 

まずはマキエでエサ取りを散らして仕掛けを遠投!

 

エサ取りにばれないようにゆっくりと仕掛けを手前に引き寄せてくる!

 

この方法で中層にいるグルクンを狙う!

 

途中でエサ取りにエサを取られることもあったが、5投に1回ぐらいはうまくグルクンの棚にエサを届けることができグルクンが釣れる!

 

グルクンを釣りながらも良型の魚が出てくるのを待って海中を観察していたが、全く現れる様子がないので、納竿までひたすら繰グルクンを狙うことに!

 

気づけばグルクンは大量!

 

ニセラン40センチゲット!

 

これにてフカセ編は終了!

 

次回の釣行は8月のチーム釣行になりそうです!

 

梅雨が明け、いよいよ夏本番!

 

魚の活性も上がり、釣りに行く方が増えると思いますが熱中症には気をつけましょう!

 

帽子の着用を忘れず、水は多すぎると思うぐらい準備して釣りに出かけるようにしましょう!

 

それではまた!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

ツインパルサーSZⅡ 評価(インプレ)この記事ではシマノから新発売されたツインパルサーSZⅡの特徴や使用感について説明します。 胴の力で勝負するズームロッド! そ...