道具

おすすめウキ ソルブレ『アバカス』レビュー!実釣で良型トカジャーゲット!


記事を読むのにかかる時間: 2

ソルブレから発売された新作ウキ『アバカス』で良型のトカジャーを釣ることができました!

今回はトカジャーを釣った釣行記事と併せて『アバカス』のレビュー・使用感について書きます。

『アバカス』が気になっている方はこの記事を参考に購入検討してみて下さい!

 

タックル

 

竿:シマノ ファイアブラッドオナガ2020 ゲイルバード

リール:シマノ テクニウム ファイアブラッド C3000DXG

道糸:サンライン テクニシャン 3号

ウキ:ソルブレ アバカス G2

ハリス:サンラインブラックストリーム 4号

ハリ:オーナー グレ針9号

仕掛けはソルブレ『アバカス』のG2にガン玉G5を2段打ち。

 

 

マキエ

 

  • マルキュー V9徳用
  • ヒロキュー 制覇マダイ
  • オキアミ生
  • オキアミボイル

 

状況

梅雨が明け夏が始まり海水温が上昇したこともあってかエサ取りが高活性で水面まで来てマキエを拾っている。

足元から10m先までエサ取りが出ていく。

良型の姿は見えない。

沖ではグルクンの群れが中層付近で群れをなしている。

水深は5〜8m。

風速が約5mでウキを浮かせて釣ると仕掛けが流され、仕掛けを馴染ませにくい状況。

ラインメンディングを丁寧に行い、しっかり仕掛けが馴染むように注意した。

 

釣り開始

魚が浮いていて中層〜下層に良型の魚が見えなかったので、最初はウキを浮かせて釣ることにした。

エサ取りのオヤビッチャ、チョウチョウウオ、少し沖に投げると小型のアーガイやマーエーが釣れる。

 

エサ取りを交わし中層付近までサシエが残った状態でアタリを待っているとグルクンが釣れた!

良型の姿が見えるまではお持ち帰り用のグルクンを狙う。

しかし、グルクンのアタリはあるものの、針が大きいのでなかなか掛けきれない。

 

針を小さくしてグルクン狙いに専念しようかと思った時、目測50cmのイスズミが登場したのでそのままの仕掛けで釣りを続ける。

 

マキエワークでエサ取りと本命の分離を試みるも完全に分離させることは不可能。

夏の海の餌取りにはお手上げです。

 

練り餌を使うか、かなり重い仕掛けで一気に仕掛けを底まで落としてアタリを待つしか方法はないと思います。

 

エサ取りの猛攻を受けながらも、粘り強く釣りをしていると、浮かせていたアバカスが一気に消し込みワープ

遅れてアワセを入れると魚は一気に右に走る!

掛けた瞬間は回遊魚かと思ったが、沖に走らず根に入ろうとするので回遊魚ではないっぽい。

ファーストランでレバーで糸を出してしまったので、ファーストランを交わしてからはファイアブラッドオナガで引きを受け止めながらグングン寄せにかかる!

 

浮いてきたのはトカジャー!

 

デカい!

 

苦労しながらも何とかタモイン!

 

綺麗なトカジャーゲット!

 

 

夏の魚は元気があって楽しいですね!

 

トカジャーを釣ってからはアタリは止まったが、しばらくして回遊魚がバシャバシャとベイトを追っかけ回している!

オキアミに反応するかどうか分からないが狙ってみることに!

 

仕掛けを沖に遠投し、表層付近で仕掛けを張って待っていると、、、

 

バチバチ〜

 

魚は沖にダッシュ!

プツン。

 

ハリス4号でしたが一瞬でした。

 

釣行動画

 

ソルブレ新作ウキ アバカス レビュー

出典:ソルブレ

 

釣行レポートはここまでにして、本題のアバカスのレビューに入ります。

購入を考えている方のために、アバカスのメリットだけでなく、デメリットも素直にレビューします!

 

アバカスのメリット

まずはアバカスのメリットを紹介!

 

高感度

出典:ソルブレ

 

今回ソルブレの新作ウキ『アバカス』を使用してトカジャーを釣ることができました!

 

アバカスは、ウキの形状がシャープで入水性が高いのでかなりの高感度です。

エサ取りやグルクンの小さなアタリを逃さずキャッチしてくれます。

 

サシエが取られるがアタリが出にくい食い渋った状況で特に威力を発揮するウキだと思います。

 

遠投性

出典:ソルブレ

 

高感度のウキは小粒のウキ(ソルブレで言えば、『ヴァージ』など)が多いです。

小粒だとウキが沈む際の抵抗が小さくなるので、魚が違和感を感じにくくなるからです。

 

しかし、このアバカスは0号で約8.8gあるのである程度は遠投できます。

感度と遠投性を両立したウキなので非常に気に入りました!

 

浮かせても良し沈めても良し

ウキのトップがフラットで、トップの両サイドは水の抵抗を逃すような形になっているので、潮を掴みやすく沈め釣りにも最適なウキだと感じました。

 

実際にウキを沈めても使用してみましたが、潮を掴み綺麗に馴染んでくれ、沈めていてもウキが見える時は魚のアタリをキャッチしてくれます。

ジワジワとゆっくりと沈んでいくウキにアタリが出て一気にウキが消し込む瞬間はたまりません!

 

アバカスのデメリット

デメリットは潮の流れが速い状況ではウキが流されやすいことです。

 

高感度というメリットの裏返しなのですが、高感度のウキの形状は、ボトムの部分がシャープになるので、アタリが出た時の入水性は良いものの、安定性が低く潮の流れに流さやすいというデメリットがあります。

アバカスもウキの同様に、ウキのボトムがシャープな形状なので潮の流れに流されやすいです。

 

今回の釣行でも沖の潮の流れが速いところでは、ウキが流されやすく仕掛けがなかなか入らなかったです。

そのため、アバカスは足元や近距離のポイントを狙う釣りに適しているウキだと思います。

 

まとめ

  • ソルブレ『アバカス』は、高感度かつ遠投性のあるウキ!
  • わずかなアタリもキャッチし反応してくれる!
  • 沈め釣りにも適したウキ!
  • 潮の流れが速い場合はウキが流されてしまうので、足元〜近距離狙いで使うべし!
【初心者向け】フカセ釣りのウキの選び方とおすすめのウキについて解説 この記事を読むことで、ウキの選び方やポイントを理解し、自分に合ったお気に入りのウキを見つけることができるようになります。 ...