道具

釣研 ウォータープルーフバッグ


記事を読むのにかかる時間: < 1

皆さん釣りをした後は車に荷物を積むと思いますが、車にそのまま荷物を積んでいますか?

 

最近、洗車をし社内の清掃をしていたのですが、その時に社内にてマキエの麦を発見!

 

いつも釣りの荷物をそのまま車に載せていますからね~。

 

釣りさぁ~の多くの方が同じように釣行後の荷物はそのまま車に載せているのでは?

 

がしかし、車に潮まみれのライフジャケットやマキエで汚れたバッカンをそのまま載せてしまうとこのようなことが生じます。

 

そのまま放置してしまうと魚ではなくゴキブリを集めてしまうことになりますからね。

 

定期的に社内の清掃をすることは大切です。

 

そこで何かいい方法がないかな~と釣りメーカーのHPを眺めているといいものを発見しました!

 

それがこちら!

 

釣研 ウォータープルーフバッグ

 

  • ライフジャケットから防寒ウエアまで、装備全てがこのバッグに収納可能
  • 防水性抜群のPVCターポリン素材を使用
  • 小物の収納に便利な内側ポケットを装備

 

なんとバッカンがすっぽり入る!

 

さらに、ライフジャケットその他小物まで入る!

 

容量はなんと105ℓ!

 

現在使っているクーラーボックスよりデカい!

 

これなら釣行後の荷物も簡単にまとめることができ、車の汚れの心配も不要ですね!

 

価格は5000円程度!

 

実際に釣具屋で手に取ってみて検討してみます!