道具

釣研 ツインフォース 評価

今回は最近購入して気に入ったウキの紹介です。

潮の流れが早くて仕掛けを馴染ませるのが難しい状況ってありますよね。

私もそんな状況に悩まされてきました。

がしかし、そんな悩みを解決してくれる良いウキを見つけたので紹介します。

その名もツインフォース

 

 

タイトルにある通り釣研さんのウキでございます。

ウキはほとんどソルブレさんのウキを使用しているのですが、以前から気になっていた釣研さんのウキを購入してみました。

まだ、2回しか使用しておりませんが、個人的な感想を述べたいと思います。

(あくまでも個人的な使用感なので参考までにご覧下さい!)

 

ツインフォースの特徴

 

ツインフォースの特徴を説明します!

これから説明する特徴を読んであなたにも適したウキかどうかを確認してみて下さい!

①二段ウキ

なんといっても一番大きな特徴は二段ウキとなっているということ!

上のウキはプラスの浮力であるのに対し、下ウキはマイナス浮力の水中ウキとなっております。

塩分濃度にも影響されるのですが、ツインフォース(タナ)の場合、上ウキと下ウキの浮力がプラスマイナス0になるので、浮力設定ギリギリでの釣りができます。

通常のウキだとうまくガン玉を使用して浮力調節をしなければなりませんが、これなら誰でも簡単にギリギリの浮力設定にすることができます。

 

②強風や速い潮の流れに強い

強風や潮の流れが速い釣り場ではガン玉を打たないと道糸が風に取られたり、仕掛けが浮き上がってしまい、なかなか仕掛けを入れ込みなじませることができません。

しかし、このツインフォースなら風が強く潮の流れが速い釣り場においても、大きな下ウキが狙ったタナまで仕掛けを届け、仕掛けが浮き上がるのを防いでくれます。

 

③的確に潮の流れを把握できる

上ウキと下ウキの位置・向きを確認することで、潮の流れを的確に把握し、二枚潮などのやっかいな流れも即座に把握し対応することができる。

二枚潮や三枚潮といったマキエとツケエの同調が困難な状況下でも、正しいマキエの投入位置を下ウキが教えてくれます。

④遠投性がある

下ウキの自重はMサイズ(G2)=10.6gあるので、遠投が効きます。

Lサイズ(G2)=13.9gなのでさらに遠投ができます。

向かい風や風が強い状況でも遠投して潮の流れを探すことができます。

 

まとめ

 

強風・潮の流れが速く仕掛けをなじませるのが困難な釣り場においては、オススメのウキである。

ただし、根がかりや道糸から切れた場合には、下ウキはマイナス浮力のため沈んでいってしまうので、ロストのリスクが大きいということがデメリット。

それでも、強風・激流への対策として一つは持っていてもいいのではないだろうか?

なお、先週トカジャーを釣った際、最初は別のウキを使用していたが、風が強くなかなか仕掛けを入れ込むことができなかったので、このツインフォースに変えてからは仕掛けのなじみがよくなりトカジャーを釣り上げることができた!