釣行記

トカジャー 40アップ ゲット


記事を読むのにかかる時間: < 1

釣りに行くのも、ブログを更新するのも久しぶりなのですが、1カ月ぶりに釣行しましたので報告致します。

 

梅雨が明け本格的に夏の海になりつつあるということで、やつを狙いにやんばるへと行って参りました。

 

そう!トカジャー!

 

50近いトカジャーがいるポイントなのですが、そのトカジャーになかなか喰わせることができず、喰わせることができても取り込むことができず、去年から手こずっている状況です。

 

ということで、今回はその50トカジャーを退治すべく行って参りました!

 

状況

7月2日(日)

潮:小潮

【満潮】01:34,14:13

【干潮】08:12,20:00

 

タックル

竿:シマノ極翔 1.7号530

リール:ダイワトーナメント2500番

道糸:3号

ウキ:松飛 別作 2

ハリス:2.5号

針:テクノグレ7号

餌:オキアミ3キロ、V9

 

釣り開始

06:00

 

撒き餌を撒くと、最初はエサ取りのチョウチョウウオばかりだったが、すぐに50センチ超えているであろう、丸丸と太ったイスズミが登場!

 

しかも、活性が良く、活発に撒き餌を拾っている!

 

これはイケる!

 

すると、1投目、2投目はエサ取りにやられる。

 

3投目!

 

少し工夫して撒き餌を撒き、イスズミの動きに合わせて仕掛けを投入!

 

すると、表層で撒き餌を拾っていたイスズミが反転したと思ったら一気にバチバチ~!

 

かなり重量感のある引き!ドラグから糸がじりじり~。

 

やばいと思った次の瞬間、フワッ!

 

針外れ〜。

 

もう少しドラグを締めてテンションを保ちながらやり取りすればよかったのか?

 

バラし1

 

活性がいいのでハリスを3号へ上げる。

 

バラしたイスズミはお家に帰って行ったが、30分程するとまた現れた!

 

しかも、また食いそうな雰囲気!

 

ただ餌取りに混じって餌を拾っている上、上層に行ったり、中層にいったりと棚が安定しないのでなかなか食わしきれない。

 

すると、中層付近にトカジャー登場!

 

50センチはないが、40オーバーのやつが数匹悠々と泳いでいる!

 

餌取りを手前に寄せ、トカジャーがいる棚で撒き餌とさし餌が同調するように意識しながら仕掛けを投入する!

 

それを繰り返し、餌取りに餌を取られずにトカジャーの棚まで刺し餌がいったかなと思ったところで、ウキが少ししもる!

 

アワセを入れた次の瞬間、魚は右にダッシュ!

 

ドラグからかなり糸が出る!

 

このままだと根にすれてキレると思い、ドラグを少し締める!

 

なんとかファーストランは止めたと思ったら今度は沖に走る!

 

ただ、沖にも魚が潜る所があるので糸を出さずに竿をためて耐える!

 

すると徐々に魚も弱り浮いてきたのは、、、

 

 

ドリー!43センチ

 

偽物よりこちらの本物の方がやはり引きますね!

 

ただ、伊平屋でかけた60近いドリーのマッハのファーストランに比べたら少々もの足りなかったですね。

 

見えている魚を狙う釣りは、見えている魚がいつ食うか分からないため、常に気が抜けない釣りになるので疲れますが、その分スリルがあって楽しいですね!

 

その後は少し食いが悪くなったので、ハリスを2.5号に落とし、ウキもソルブレの小粒ウキに変えたところ、、、

 

バチバチー!

 

よそ見していたので最初は慌てたが、ベールを起こし落ち着いてやり取り!

 

浮いてきたのは、、、

 

35センチのニセカンランハギ!

 

美味しくないのでリリース!

 

そうこうしているうちに、最初にバラした50オーバーイスズミがまたもや撒き餌に猛アタック!

 

今日はかなり活性がいい!

 

ここで撒き餌の撒き方に一工夫加え狙うと、、、

 

バチバチー!

 

掛けた瞬間、海面に竿先が付きそうなくらいのされるが、糸を出し体勢を整えてやり取りスタート!

 

ドリーと同じようにイスズミは右にダッシュ!

 

それに耐えると次は左にダッシュ!

 

魚の動きに合わせて走り回る!

 

海にランニングしに来たのか?爆

 

それも耐えるとまたもや右にダッシュ!

 

が、次の瞬間プツン。

 

2.5号では奴を仕留める事ができませんでした。

 

同じ魚を2回掛けて、釣れなかったのは非常に悔しい。次こそ釣ります!

 

釣果

という事で今回はここまで!

 

夏の釣りが大好きなので、できる限り釣行し釣果を上げれるように頑張りたいです!

 

最後まで読んでくれた方ありがとうございます!