釣行記

シマノテクニウムSUT マル秘ポイント


記事を読むのにかかる時間: < 1

この日は、新たに仲間入りしたテクニウムのテスト釣行という事で友達から教えてもらったマル秘ポイントに行って来ました!

 朝6時に起き、風速を調べると風速7メートル。

 さて釣りに行くか、行くまいか?

この爆風の中まともな人は決して釣りになんて行かないであろう笑

 しかし、新たに仲間入りしたテクニウムの威力をどう試してもしたいため釣欲はマックス!

爆風が吹き荒れる中、強行釣行を決意!

 母親に釣りに行ってくると伝えると、お前は病気にでもなったのかと言われるも、おにぎりを作ってくれる優しい母親。

 はやる気持ちを抑え、安全運転で釣具屋に向かって車を走らせ、6時半に釣具屋に着くも、釣具屋のオープンは朝7時。。。

仕方なく釣具屋の駐車場に車を停め母親の愛情のこもったおにぎりを食べながらオープンを待つ。

買い物を終え、急いで車を走らせる事約1時間。

ポイントに着いたのは8時半。

ポイントに到着するも、、、先客がお二人もいる。。。

釣りをする前に話を伺うと、風が強く全く釣りにならないためすぐ帰るとの事!

という事でポイント確保!

急いで準備に取り掛かりレッツフィッシング!

タックル

竿:DXR尾長
リール:テクニウムSUT3000番
ウキ:ソルブレのアズール00号
道糸:3号
ハリス:2号
ハリスにG7のガンダマを段打ち

基本的にがん玉は打たない仕掛けで釣りをするのだが、風がかなり強いため仕方なく打つ。

仕掛けがなじんだらウキが沈んで行くようなイメージの仕掛け!

まずはこれでスタート!

釣り開始

撒き餌を撒くも、風が強いためか全然お魚さん達が浮いてこない。

爆風の上お魚さんがいない幸先の悪いスタート。

それでも、粘り強く続けていると、風もおさまり太陽も出てきた!

海面を見ると、沖に餌取りに混じり25センチぐらいのオンレーが乱舞!

リールのテストということで、とりあえず釣ってみるかと上層にいるオンレ―を狙ってみる。

 足元に撒き餌を2杯打ち、オンレ―がいる沖に1杯打ち、撒き餌に仕掛けをかぶせるとすぐにオンレーが食ってきた!

ラインを出すほどのサイズではないが、テク二ウムのテストということで、ラインを出してみる。

まず最初に感じたのは、これまでのリールに比べてラインを放出する時にハンドルが回転しないためラインの出がスムーズかつ、糸を放出する時の竿のブレがかなり小さいということ。

その上、巻き取りも早い!

大物をかけた時にさらなる威力を発揮してくれそうです。

福沢諭吉様7枚程するかなりお高い代物になっておりますが、お金に余裕のある方はぜひともおすすめのリールです。

さて、本題にもどります。

オンレ―より大きな魚を釣ろうと思い、オンレ―をかわしそこまで仕掛けを落としていくとオジサンがヒット!

同じようにオジサンが釣れ出し、仕掛けが入りすぎていると感じたためがん玉を外しノーガンにする。

同じように底付近を探っているとラインをひったくるアタリ!

竿にノッタ瞬間からかなりの重量感!!!

しかし、左にある大きな岩場付近でかけたため強引にやり取りするも根ずれでバラシ。

ハリスを4号に変更しリベンジするもハリスが太いため見切られているのか全くお魚さんが食ってこなくなる。

そこで、ハリスを2.5号(3号にしたかったが持っていなかった)に変更!

ノーガンでオンレーや餌取りをうまくかわしながら仕掛けを入れていくと、、、

ウキがワープするとともにラインをバチバチと持っていく大きなアタリ!!

根をかわしながら丁寧にやり取りし浮いてきたのは、、、

ドーン!

イラブチャー!!!40オーバー。丸々と太っておりお腹パンパン!

晩御飯のお刺身確保。

その後は魚も見えなくなりアタリも遠のいた上に撒き餌も尽きたため試合終了のホイッスル。

爆風で釣りをするのさえ難しい状況の中、あれこれ工夫しながらなんとかイメージ通りにブッチャーを仕留めることができたので満足です!!!

釣果