釣行記

チーム釣行 スルルー・フカセ編 モンガラ


記事を読むのにかかる時間: < 1

はいさい!

今回は前回のチーム釣行打ち込み編の続編(スルルー・フカセ編)です。

まず朝一はスルルーからやったのでまずはスルルー編!

スルルー編

午前5時!

まだ夜が明けない中スルルー開始!

タックル

竿:ダイワ 剛徹3号

リール:シマノ レマーレ8000D

道糸:8号

ハリス:12号

ハリ:タマンスペシャル20号

エサ:スルルー

スルルー開始

最初に撒き餌としてスルルーを撒き潮の流れを確認する!

流れは左方向!

撒き餌を巻いた所に仕掛けを投入し、流れに乗せて仕掛けを流していく!

100メートル程流したら回収!

これ以上流すと魚を掛けて走られた時にスプールの底が見えて糸を全て出される危険性があるので。

二投目で潮の流れよりも道糸を引っ張っていくスピードが早くなり違和感を感じたので合わせると、、、

一気に底までダッシュからの10秒も持たずに瞬殺!

仕掛けを回収するとハリスの針上10センチのところから切られている!

切り替えて仕掛けを作り直し再度仕掛けを投入!

すると、底付近にてヒット!

あんまり引かない。

いてきたのは、

ビッグヤマトビー 35センチ

その後はアタリがなくなったのでスルルーは一時休止!

フカセ釣りの準備に取り掛かる!

フカセ編

午前6時半フカセ開始!

撒き餌を撒くと、大群のエサ取りに混じり、50センチ近いトカジャーや40センチクラスのイスズミが乱舞!

海面から50センチほどのところでエサを拾っている!

急いで仕掛け作りに入る!

フカセ釣りタックル

竿:シマノ極翔1.7号

リール:ダイワトーナメント2500番

道糸:サンライン3号

ウキ:釣研ツインフォースG2

ハリス:3号→2.75号→2.5号

ハリ:テクノグレ8号

フカセ釣り開始

乱舞していたトカジャーを狙うものの、エサ取りに混じっているので食わしきれない。

マキエワークで多少はエサ取りとトカジャーを分離することはできるものの、分離しても沖まで出てくるエサ取りもいる。

撒き餌を撒き、うまくエサ取りがいないタイミングでトカジャーがいるところへ仕掛けを投入するもオキアミが付いた仕掛けの前で反転。

撒き餌のオキアミは食っているのに、完全にハリスを見ている。

そこで、ハリスを2.75号へ落とすともに、刺しエサのオキアミと撒き餌のオキアミを同じ沈下速度にするため、針の号数も落とす。

仕掛けを変えて釣りを再開するもトカジャーは行方不明に。

仕方なく仕掛けを沈めて底付近を狙うことに!

すると、中層付近にて潮受けが走ったのでアワセを入れるも瞬殺

このようなバラシが5回近く続く。

メンバーのKYD氏は40トカジャーを掛けて浮かすも、タモ入れ寸前にて針外れ!

その後、お昼にグルクマーが回遊してきたので、グルクマーを狙うと一投目で潮受けが沖に向かってダッシュ!

掛けた瞬間パワフルな引きで走ること走ること!

グルクマーは口が切れやすいので丁寧にやり取りし、ゲット!

グルクマー38センチ

その後、フカセ釣りをしていると、、、

50オーバーの魚が海面付近へやってくる!

なんと、モンガラ!

スルルーを撒くと、スルルー拾っている!

すぐにスルータックルに持ち変え仕掛けを投入すると、すぐに喰ってきた!

あまり引かなかったがかなり重い!

モンガワカワハギ 51センチ

口がすごい!

モンガラを最後に釣り終了!

次はチームメンバー3人での釣行!

事件ありの楽しい釣行になったので近いうち釣行記を投稿しますので乞うご期待!