釣行記

タマンモンスター タマンゲット


記事を読むのにかかる時間: < 1

ゴールデンウイークの伊平屋遠征に備えて、タマンモンスターを購入したものの、全く釣果は上げることができておりませんでしたが、やっとで釣果を上げることができたので報告します。

21時頃から出発し北上!24時にポイントに到着後、まずはルービーで乾杯をして仕掛け作りに取り掛かる。

最近は、釣よりもこのルービーを飲むことがメインになりつつあるのは内緒。

打ち込み タックル

竿:タマンモンスター10号

リール:シマノ アクティブキャスト

道糸:ナイロン10号、オモリ40号

ハリス:20号

針:がまかつ タマンスペシャル 22号

釣り開始

釣り開始から、アタリがあるがなかなか食い込まない。

それがしばらく続く。

今日は釣れそうだなと期待する!

がしかし、疲れていたのか気づいたら寝袋の中で爆睡してしまった。

午前2時。

何か騒がしいなと思い、目を覚ますと鈴がチリンチリン言っている。

その後、竿がお辞儀。

寝袋から出るのに手こずりフッキングを入れるのがかなり遅れてしまった。

合わせた瞬間、、、

きつめに閉めていたドラグから糸を出されハリス20号がプツン。。。

たぶん、マギーアカナーだっただろうな。

以前、この釣り場で90センチぐらいのアカナ―掛けて、手前でバラシたのを目撃していたので。

根が荒い釣り場なので、魚が掛かったらすぐにアワセを入れて、魚に走られないようにしなければならないのに。

気を取り直して、再度仕掛けを投入!

すると、1時間後!

チリンチリン!

先ほどの反省を活かし、今回はしっかりフッキング!

あまり引かないなあと思いながら、浮いてきたのは、、、

タマン!

タマンモンスターにカリーつきました!

55センチとサイズは満足いきませんが。

フカセは50近いイスズミにバチられて、ハリス三号瞬殺されました。

その後は、特筆するような事件は何も起きませんでした。

タマンって意外と可愛い顔してますよね!

タマンは刺身とバター焼きとお汁でおいしく頂きました。

自然に感謝!

お願い

最近、釣り場に行くと多くのゴミが目につきます。

せめて、自分が出したごみだけでも持ち帰りましょう。

海で釣りをさせてもらっているわけですから、最低限のマナーというものは守っていきましょう!

ごみをポイ捨することで、釣り場がどんどん無くなっていく上、魚が減り釣れなくなっていきます。

このように、ポイ捨てすることによって、釣り人が自分で自分の首を絞めているということに気づきましょう。

1人1人が意識して取り組むことで釣り場のごみがだんだんと減っていき、みんなが釣れるような釣り場になって行けばいいですね!

透明度が高く、綺麗で、本土には存在しないような珍しい魚がたくさんいる自慢の沖縄の海をみんなで守っていきましょう!