するするスルルー PR

するするスルルーの撒き餌やキビナゴの付け方について解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

どうも、琉球釣遊会(@oki_fukase)です。

するするスルルー歴10年以上の筆者が、するするスルルーの撒き餌や付け餌の付け方について解説します。

これからするするスルルーを始めたい人は、この記事を読むことで、

  • するするスルルーに必要な撒き餌の量
  • 撒き餌の作り方
  • 撒き餌の撒き方
  • するするスルルーの付け餌の付け方

について分かります!

餌の撒き方や付け餌の付け方が釣果を左右することもあるので、記事を読んでしっかりと頭に入れておいて下さいね!

 

するするスルルーの撒き餌

するするスルルーの撒きエサにはキビナゴ(沖縄の方言で「スルルー」)を使用し、マキエでスルルーを撒き、サシエにもスルルーを掛けてマキエとサシエを同調させながら潮の流れに乗せて釣ります。

するするスルルーの撒き餌に関しては、

  1. するするスルルーに必要な撒き餌の量
  2. するするスルルーの撒き餌の作り方

について説明します。

 

①するするスルルーに必要な撒き餌の量

するするスルルーの撒き餌の量

するするスルルーの撒き餌の量は、餌取りの量に応じて調整することになりますが、一日分の餌(キビナゴ)の量は、6kgが基準になります。

6kgを基準に、エサ取りが多い夏の時期は6kgより多めに準備したり、エサ取りが少ない冬の時期は6kgより少なめに準備するなど調整して下さい。

沖縄では3kgのキビナゴパックが売っているので、3kgパック×2つを買えばOKです。

一方で、本土ではキビナゴを箱単位で入手するのが難しく、
・kg単位でネット購入
・釣り餌屋さんで300gくらいのパックで売ってるものを大量に買う
しかないみたいです。

そのため、本土の人はネットで購入しても良いでしょう!

ネットで買っても釣具店とそれほど値段は変わらず、餌の状態もいいのでネットで買うのもありです。

1,500円/kgほどになります。

created by Rinker
ノーブランド品
¥3,850
(2024/04/16 12:49:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

撒き餌のキビナゴって高いな~と思う人?

エサ代を節約する方法教えます!

エサ代節約方法としては、撒き餌にイワシを使う方法があります。キビナゴよりもイワシの方が安いです。

ただし、イワシは半解凍ぐらいだとさし餌に使えるんですが、溶けてくるとだんだん身がボロボロになってくるので、あくまでもイワシを代用するのは「撒き餌」です。付け餌はキビナゴを使用しましょう!

マキエの集魚力を高める方法として、隠し味にイワシ粉末を混ぜるとより集魚力が高まります。

created by Rinker
マルキュー(MARUKYU)
¥375
(2024/04/16 15:49:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

②するするスルルーの撒き餌の作り方

するするスルルーの撒き餌は、冷凍されたキビナゴをバッカンに入れて解凍するだけですが、一工夫するとより釣れる確率が高くなりますので、ここで教えちゃいますね!

買ってきたキビナゴは凍っているので、解凍するためにバッカーに水を張ってその中に入れます。

解凍して溶けてくると、バッカンの水面に浮いてくるキビナゴがあります。その浮いてくるキビナゴは空気が入ってて膨らんでいるので、それを潰して撒いた時に沈むようにします。

空気が入ったままのキビナゴだと撒き餌として餌を撒いた時に、キビナゴが表層に浮いたままで魚がいるまで餌が届かないからです。

「餌の空気を抜く」というひと手間を加えることで、撒き餌を無駄にすることなく、しっかりと魚がいるタナまで餌を届けることができます。

 

するするスルルーの付け餌の付け方

するするスルルーに使う付け餌のキビナゴは、撒き餌のキビナゴと併用します。

撒き餌の中から状態の良いキビナゴを選んで針に付けることになりますが、付け餌には付け方があるので解説します。

誤った餌の付け方をすると仕掛けを投入した時に餌が外れやすくなるので、ここでしっかりと正しい餌の付け方をマスターしましょう。

【するするスルルーの餌の付け方】

  1. キビナゴの目から針を抜いて背中の硬い骨のあたりに針を刺す
  2. 糸を引っ張ってキビナゴを真っ直ぐにする

 

キビナゴの針への刺し方は、まず、目から針を抜きます。キビナゴの付け方1

針を通したら背中の硬い骨のあたりに針を刺します。

キビナゴの付け方2

そして、糸を引っ張るって針を伸ばすととキビナゴが真っ直ぐになります。

これが少しでも歪んでいたり、たるんでいたりすると仕掛けを投げた時に餌が外れやすくなるので、餌はできるだけまっすぐに刺します。

キビナゴが出来るだけ曲がらなように真っ直ぐに刺すのがポイントです!

 

まとめ

この記事では、するするスルルーの撒き餌や付け餌の付け方など、以下の点について解説しました。

  • するするスルルーに必要な撒き餌の量
  • 撒き餌の作り方
  • 撒き餌の撒き方
  • するするスルルーの付け餌の付け方

その上で、この記事を要約するとポイントは以下のとおり。

  • するするスルルーに必要な撒き餌の量は、6kgが基準!
  • 撒き餌代の節約のためにキビナゴの代わりにイワシを代用するのもアリ!
  • 撒き餌を作る際、空気が入っているキビナゴは潰して空気を抜く!
  • 付け餌は針を目から通して、キビナゴが真っ直ぐになるように刺すのがポイント!

するするスルルーをこれから始める人にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

するするスルルーについては、こちらの記事で徹底解説しているので、これからするするスルルーを始める人はこちらの記事も読んで下さいね!

するするスルルーの道具から仕掛けまで世界一分かりやすく解説!沖縄で生まれ注目を集めている釣り「するするスルルー」を初心者にも分かりやすく徹底解説! この記事を読んで必要な道具を揃えれば、すぐにするするスルルーを始めることができます。...