道具

予備リール ハイパーフォースC3000DXXGS


記事を読むのにかかる時間: < 1

予備リールとしてシマノのハイパーフォースC3000DXXGSが欲しいと思っております。

 

竿はシマノの極翔とがまかつのアテンダーを持っているのですが、リールはダイワのトーナメントのみ。

 

予備スプールとして尾長スプールを持っているのですが、竿を2本持っているのでリールも2つ持っておきたい。

 

釣行の際にメインタックル太仕掛けタックルの2本のタックルを組めるように!

 

釣りをしている際に急に大型魚が現れて来た時にすぐに太仕掛けタックルで対応し、わずかなチャンスを逃さないようにするために!

 

極翔にはハイパーフォースを組んで、アテンダーには太仕掛け用として尾長スプールを装着したトーナメントを組むことになるかなと思います。

 

ハイパーフォースを検討している理由は以下のとおりです。

 

  1. スットブレーキを搭載していること
  2. DXXGによりハンドル1回転の糸巻き量が107センチもあること
  3. デザインが極翔とマッチする

 

①スットブレーキを搭載していること

ハンドルの逆回転なしにラインを放出することが可能になったことで、スピーディーに糸を放出することができるようになった上に、ブレを抑え魚に違和感を与えにくく、魚を暴れさせない!

 

②DXXGによりハンドル1回転の糸巻き量が107センチもあること

遠投釣法が流行っている中、少ないハンドルの回転で魚との距離を詰めることができるということは大会などにおいては大きなアドバンテージ!

 

また、足元で魚を掛け、根に走られた際にも少ないハンドル回転で巻き取り魚との距離を近づけることができ、根に入られにくくなる!

 

③デザインが極翔とマッチすること

機能性もさることながらデザインにも惹かれました!

 

黒と赤を基調としたデザインは極翔とも相性バッチリ!

 

ゴールデンウィークの遠征までには手に入れたいですがお財布と相談。