打ち込み釣り

【これ買えばOK】打ち込み釣りのおすすめリール8選

どうも、琉球釣遊会(@oki_fukase)です。

今回は、沖縄でタマンやガーラを打ち込み釣りで狙う初心者~上級者まで全ての人におすすめしたい打ち込み釣り用のリールを紹介!

 

おすすめリールをすぐに知りたい人はココ!

 

打ち込み釣りの竿選びに悩んでいる人はここで紹介するリールを買っとけば失敗することはない!

打ち込み釣りのリール選びで失敗したくない人はこの記事を読めば安心!

この記事で紹介するリールは数万円する高価なリールもありますが、打ち込み釣り用のリールに必要な機能やパワーを十分に備えておりガーラ(和名:ロウニンアジ)などの大きな魚が掛かっても大丈夫!

 

安いリールを買って何度も壊れて買い直すこともなく後悔することはない!

筆者も打ち込み釣りを初めたての頃はノーメーカーの安いリールを使用していたが、

 

  • 巻き心地が悪い!
  • リールの巻き上げ力が弱いので大きな魚に引っ張られた時に糸が負けない!
  • すぐに壊れる!

 

といったことがあり、釣りをしている時にストレスを感じるとともに、魚を逃がすことも多かったので結局メーカー品の良い竿に買い替えました。

 

有名メーカーのリールは

 

  • 快適な巻き心地!
  • 魚の引きに負けない巻き上げパワー!
  • 耐久性!

 

が備わっていてストレスフリーで釣りをすることができる!

正直言って、どうせ打ち込み釣りをやると決めたなら性能が良いリールを買って長く使う方が長期的にはお得!

 

リール選びに迷っている人
リール選びに迷っている人

打ち込み釣りのおすすめのリールが知りたい!

リール選びに失敗したくない!

釣りシーサー
釣りシーサー

釣り歴10年以上の筆者が実績があって信頼できるおすすめのリールを紹介!

ココで紹介するリールを選べば失敗しないので安心して!

 

釣り歴10年以上の経験者がおすすめのリールを紹介!

リール選びに悩んでいる人は悩みが解消!

 

打ち込み釣りのリールに必要な機能

具体的に竿を紹介する前に、打ち込み釣り用のリールに求められる機能を復習!

 

【打ち込み釣りのリールに必要な機能】

  1. 糸巻量
  2. 巻き上げ力

 

①糸巻量

打ち込み釣りでは、オモリを付けた仕掛けを遠投しますが、飛ばす人では100m近く飛ばす人もいます。

遠い所に仕掛けを投入し、そこでヒットした場合、

100m+α(魚に走られても問題ない程度の糸巻量)の道糸が必要になってきます。

糸巻量が少ないと魚がヒットした時に、スプールに巻かれている糸が魚に全て出されてしまい、ラインが切れて魚を逃してしまいます。

 

また、打ち込み釣りでヒットする魚は引きが強い魚がたくさん!

ラインを切られないためにリールに巻く道糸も太いラインが必要!

ですから、打ち込み釣り用のリールには太い糸がたくさん巻ける糸巻量の多いリールが必要になります。

 

リール選びに迷っている人
リール選びに迷っている人

リールはどれぐらいの糸巻量があれば良いの?

釣りシーサー
釣りシーサー

狙う魚に道糸の糸巻量は変わるが、最低でも10号のナイロンラインが150m巻けるだけの糸巻量は欲しい!

シマノとダイワのそれぞれのスピニングリールの番手で言うと、10000番以上

道糸にPEラインを巻くのであればもう少し小さな番手のリールでも問題はない。

ただし、その場合でもガーラなどのたくさん糸を出していく大物が掛かった時を想定すると番手が大きいリールに越したことはありません。

 

②巻き上げ力

打ち込み釣りでヒットする魚は引きが強い!

ですから、魚の引きに負けないパワーを持った竿はもちろんのこと、リールも魚の引きに負けない巻き上げ力が必要。

また、打ち込み釣りの仕掛けは、海底に着底した状態なので掛かった魚は海底近くの岩場に入ろうと必死に逃げようとします。

上層~中層まで魚を浮かせて釣るウキフカセ釣りと違い、打ち込み釣りでは魚と魚が隠れるポイントとの距離が近いので、一気に魚を海底から引き離すだけの巻き上げ力があるリールが必要!

 

打ち込み釣り用のリールに求められる機能は、

 

  1. 糸巻量
  2. 巻き上げ力

 

と説明しました。

これらの条件を満たすおすすめのリールを具体的に8つ紹介します。

気になるリールをクリックするとリールの説明に飛びます。

製品名価格
1.シマノ:ブルズアイ 約2.7万円
2.シマノ:ストラディックSW 10000HG 約2.6万円
3.シマノ:ツインパワーSW 14000XG約5.8万円
4.シマノ:ステラSW 14000XG約10万円
5.ダイワ:トーナメントISO 遠投 6000約5万円
6.ダイワ:ブラストLT 6000D約2.5万円
7.ダイワ:セルテートSW 14000約6.2万円
8.ダイワ:ソルティガ 14000約10万円

 

シマノ ブルズアイ

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥30,033
(2021/08/03 09:18:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブリやヒラマサなど大型の青物をカゴ釣りで狙う用のリールですが、打ち込み釣りにもおすすめのリール!

価格は、約2.6万円~約3.3万円と入門者にはお高くなっています。

沖縄ではベテランの方でもこのリールを使っているのを良く見かけますし、実績も多いので打ち込み釣り中級者にはかなりおすすめ!

 

ラインナップの4つ。

  • 5050番
  • 5080番
  • 9100番
  • 9120番

 

おすすめは9100番 or 9120番

カゴ釣り用のリールなので、5050番と5080番では糸巻量が足りないです。

9100番と9120番であれば糸巻量が多く、魚の強烈な引きをしっかりと受け止めてくれます。

 

価格が2.5万円以上するだけあって、

  • 強靭で回転を限りなく滑らかにするギアシステム「X-SHIP」
  • スプールが最下点でも糸当たりせずスムーズに遠投できる「ワイドローター」
  • 遠投時のライン放出抵抗を軽減する「パラレルボディ」

など、シマノ先端テクノロジーが惜しみなく投入されています!

 

シマノ遠投リールのエントリーモデルであるアクティブキャストと比べると、圧倒的に巻き心地が軽く、耐久性も高い!

値段相応の細部へのこだわりがあります!

 

シマノ ストラディックSW

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥28,294
(2021/08/04 03:58:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

ショアジギング用の大型スピニングリールとして人気の高いストラディックSW!

青物、カツオ、シイラを狙う用のリールとして親しまれていますが、打ち込み釣りでももちろん使えます!

 

シマノ最高峰のスピニングリールのステラにしか搭載されていなかった「インフィニティドライブ」が搭載されたことにより、軽やかな巻き上げに加え、力強さをも実現!

軽い巻き上げながらもパワーがあるので、主導権を握りながらのファイトが可能!

 

価格は、約2.7万円

沖縄の打ち込み釣りで使用している人を見かけたことはありませんが、個人的に中級者にかなりオススメのリール!

ラインローラーへの水の侵入を防ぐ「Xプロテクト」により、耐久性もありますので長く使える信頼できるリールです。

 

ラインナップは、

  • 4000番(HG・XG)
  • 5000番(HG・XG)
  • 6000番(PG・HG・XG)
  • 8000番(PG・HG)
  • 10000番(HG)

 

打ち込み釣りで使うなら10000番一択です。

ナイロンラインなら10号が160m、PEラインなら6号が250m巻けますのでラインキャパシティも問題なし。

 

ちなみに、ストラディックSWはするするスルルー用のリールとしてもかなりオススメです!

実際にするするスルルーで使用したところ、非常に巻き心地が良く魚を掛けてからの巻取りパワーもあります!

するするスルルーにおすすめのリールを紹介この記事ではこれからするするスルルーを始めたいと思っている人やリール選びに迷っている人向けにするするスルルーのおすすめリールを丁寧に紹介しています!...

 

シマノ ツインパワーSW

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥55,671
(2021/08/03 08:09:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

2021年にモデルチェンジしたツインパワーはシマノ最高峰のスピニングリールである「ステラ」と並び打ち込み釣り上級者から非常に人気のあるリール!

2015年の旧モデルにはなかったステラSWと同じ構造のインフィニティドライブを搭載しており、リール巻き上げ時の抵抗が大幅に軽減!

 

ステラSWと同様の巻き上げ性能、つまり巻き上げの軽さ、強さを持つ!

シマノのテスターの方が言うには「目をつぶって使ったらステラSWだと間違えます」とのこと。

ツインパワーSWはステラSWと遜色ないほどまでに高性能なリールに仕上がっています。

 

両者の違いを言うと、

  • ステラSWの方が巻き始めが軽くて滑らか!
  • ツインパワーSWはボディの一部が樹脂素材であるのに対し、ステラSWはボディ・ローターが剛性が高いアルミニウム素材でステラSWの方がより頑丈!

 

打ち込み釣りで大きな魚を掛けた時、通常のリールでは巻き取れない場面がありますが、糸を巻き取れずどんどん糸を出されてしまうと、いずれは糸が根に擦れてバラシのリスクが高まります。

そんな場面でも、ツインパワーSWなら負荷が掛かった状態でも圧倒的なパワーで糸を巻き取り、魚との距離を縮めバラシリスクを軽減できる!

走られているときにゴリ巻きして止めることは出来ませんが、魚が止まったり、頭が横、もしくは手前を向いたりしているときにゴリゴリ巻ける強さがある。

 

魚とやり取りする時は、通常、竿を立てた状態から竿を下ろしながらリールを巻きます。

その時に、力が入ると動かない(負けない)ことがありますが、ツインパワーSWではそれが軽減され、最初の巻きがすごく軽いのでそういったことがほとんどない。

 

また、耐久性が高いのでガーラなどの大型魚を掛けてリールを酷使してもそれに耐えるタフさで長く愛用できる!

さらに、2021年のモデルチェンジによってボディのみならずラインローラーにまでXプロテクトが搭載され海水の侵入を防ぐ強固な防水性能に!

 

出典:シマノHP画像を加工 

 

旧モデルに搭載されていなかったインフィニティドライブに加えて「サイレントドライブ」が搭載!

出典:シマノHP 

 

部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除することで、滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻きごこちを実現!

 

ステラSWと遜色ないほどに進化しているので、個人的にはステラSWよりもツインパワーSWを買う方がおすすめ。

というのも、両者の金額差が約2倍あるからです。

(ツインパワーSWは約5.8万円なのに対し、ステラSWは約10万円!)

ステラSW買うならツインパワーSWを2台買いますね~。

 

シマノ ステラSW

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥98,000
(2021/08/03 09:18:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

ステラSWはシマノ最高峰のオフショアスピニングリール!

ステラSWを実際に使用してみまず感じるのはとにかく巻き上げが軽くて滑らか!

大型のリールであるにも関わらず巻き上げがかなり軽い!

初めてステラのリールを手にした人はまずこの巻き上げ軽さに度肝を抜かれます!

実際にステラを握った時の「何だこの軽さは!」という衝撃は今でも忘れられません。

 

巻き心地は軽いながら圧倒的なパワーで魚の強烈な突っ込みで竿を立てるだけで精一杯で巻取りが難しい場面でも巻き取ることができます。

打ち込み釣りで釣れる魚は強烈なパワーを持つ上、魚体も大きいので、やり取りの時にかかる水圧も相当のものになります。

しかしながら、ステラのインフィニティドライブであれば軽い巻き上げなので、アングラーへの負担をかなり減らすことができます。

さらに潮が早い場所で魚が掛かっても、負荷を感じにくく非常に軽い巻き心地。

メーカーの紹介ページに「高負荷時でも積極的に巻き上げられるパワフルなリールへと進化した」と説明があるとおり、本当にパワーがあるリール。

他のリールでは釣れない魚もステラだったら釣れる!

そんな気がしてしまうほど信頼できるリールです。

ベアリングの耐久性は前モデルの10倍以上というから驚き!

高い水圧でも水の侵入を許さないので、過酷な環境でもラインローラー内部のベアリングが守られます。

 

出典:シマノHP画像を加工 

 

打ち込み釣りでは、海水を被ることはほとんどないが、長年使用していると必然的にリールに海水や雨水を被ってしまいます。

防水性能が低いリールで釣りをしている最中にラインローラーから異音が出てきたらリールが気になって釣りに集中できません。

 

以前のステラはベアリングが錆びてしまい定期的な交換が必要でした。

ベアリングが錆びると巻き取りがスムーズに行えず、ドラグの出も悪くなるのでラインブレイクなどのトラブルのもとになります。

ベアリングの耐久性が向上したことで、他のリールと比べるとより長く使えます。

安いリールを何度も買い替えるよりは高価ながらも高性能で長持ちするリールを買うほうが結局安上がりになります。

 

ラインナップは4000番~30000番までの15ラインナップ!

打ち込み釣り用としておすすめの番手は、14000番18000番

 

ダイワ トーナメントISO 遠投

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥64,037
(2021/08/03 13:12:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

ダイワの大型遠投リールの最高峰!

カゴ釣り用のリールですが、打ち込み釣りでも不便なく使えます!

防水・防塵テクノロジー「マグシールド」搭載!

ラインローラー部にも待望の「マグシールドボールベアリング」を採用し、耐久性を大幅に向上!

 

軽快な巻き心地を実現するZAIONボディで、高レベルの耐久性と操作性を実現!

 

大型遠投リールとしては初搭載の「ATD(オートマチックドラグシステム)」は、よりスムーズな滑り出しにて急な大物にも対応!

これまでダイワのクロスキャストを使用していたが、トーナメントISO 遠投は全く別物でとても軽いので操作のスムーズさはもちろん、回転時のバランスがとても良いので長時間繰り返しの使用でも手首が疲れない!

 

ラインナップは4つ!

  • 4500遠投
  • 5000遠投
  • 5500遠投
  • 6000遠投

 

打ち込み釣りでは糸巻き量が多い「6000遠投」がおすすめ!

 

ダイワの大型遠投リールの最高峰なので性能には文句ないが、価格が5万円と決して安くない。

打ち込み釣り用として買うなら「トーナメントISO 遠投」よりも1万円ほど奮発して後ほど紹介する「セルテートSW」を買うことをおすすめする!

簡単に理由を説明すると、セルテートSWの方がドラグ力が強くパワーがあるので想定外の大物がヒットしても対応できるからだ!

 

ダイワ ブラストLT

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥24,672
(2021/08/03 08:09:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

ボディ、スプール、ハンドルといった細部までの徹底した軽量化で衝撃の軽さ!

軽いだけでなくリールの心臓部となるギア、そしてそれを包み込むボディはタフで耐久性が高い!

ちなみに、名前のLTはLIGHT(軽い)でTOUGH(強い)という意味です。

10㎏以上の青物の引きでも力負けしないパワーがあり、また、これまで使ってきて今のところトラブルは無し!

やり取り中は少々強引に巻いてもボディーにガタつき無くドラグも程良く効いていいてくれる。

この価格のクオリティーとは思えないほどにコストパフォマンスに優れたリールで満足しています。

金銭的に少し余裕のある打ち込み釣り初心者はエントリーリールとしてブラストの「6000D-H」をおすすめします!

決して後悔はしません!

 

ダイワ セルテートSW

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥60,150
(2021/08/03 10:28:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

2021年に発売されたキャタリナの後継機に位置付けられる「セルテートSW」はフラッグシップモデルのソルティガには迫る性能!

シマノで言うところのツインパワーSWと同ランクの機種。

ジギング用のリールですが、もちろん打ち込み釣りにもおすすめ!

巻き性能や耐久性は、ほぼソルティガと同性能でありながらソルティガに比べ軽いのが特徴。

実際に手に取って見たが本当に軽い!

基本構造はほぼ20ソルティガで、大きな違いはローターがアルミでなくザイオン素材である点。

ザイオンローターは15ソルティガにも採用されていて、巻きの初動&重量が軽いのが特徴。

 

耐久性にも問題なく14000番を使ったメーカーのテストでは10kgのヒラマサをゴリ巻きしてもギアにダメージはなし。

18000番であれば大型のGT、ヒラマサ、マグロ狙いにも対応。

 

細かい点ですが、ベールがガチッとしっかり開いてくれるので安心感があります!

というのも、性能が低いリールだとベール軽く中途半端な開きになってしまい仕掛けをキャストした時にベールが戻ってしまい、ロッドの破損や高切れに繋がることがあるからです。

ベールにロック機能が付いているので、ハンドルを回してもベールが閉じないようにもなっています!

 

ラインナップは、6つ!

  • 8000-P
  • 8000-H
  • 10000-P
  • 10000-H
  • 14000-XH
  • 18000-XH

 

打ち込み釣りではガーラにも十分対応できる14000-XH」か「18000-H」がおすすめ!

14000-XHまでのモデルは既に発売されていますが、18000-Hは2021年4月に発売予定!

 

ダイワ ソルティガ

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥94,200
(2021/08/03 21:04:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

ダイワのスピニングリールのフラッグシップモデルの「ソルティガ」! 2020年、SALTIGAに求められる圧倒的な強さと耐久性を備えてモデルチェンジ。

 

モノコックボディにより、ギアを大型化・肉厚化できたことで、ギアの強度が大幅にアップ!

強靭なモノコックボディ、放熱性・耐久性に優れたドラグ、スムーズでトルクのある巻き取り性能、ストレスフリーのキャスティング性能を備えた最強のスピニングリール!

ねじれやたわみに強いモノコックボディとの相乗効果で、15ソルティガと比較し、2倍以上の耐久性を実現!

 

実際にリールを手にとってまず感じたのが、15モデルと比較して、圧倒的に滑らかになったリールの巻き心地。

滑らかでシルキーな巻き心地に!

 

ゴリ巻き時のパワーも向上し、圧倒的なパワーでモンスター級の魚と対峙することが可能に!

 

LC-ABS(ロングキャストABS)スプールが搭載され、トラブルなく飛距離がUPしています!

 

ラインナップは、9つ!

  • 8000-P
  • 8000-H
  • 10000-P
  • 10000-H
  • 14000-P
  • 14000-XH
  • 18000-P
  • 18000-H
  • 20000-H

打ち込み釣りには14000番~18000番が適していると思います。

 

15ソルティガからリールの番手の体系が変わっているので注意!

 

まとめ

この記事では沖縄でタマンやガーラを狙う初心者~上級者まで全ての人におすすめしたい打ち込み釣りの竿・ロッドを7本紹介しました!

初心者~上級者まで全ての人におすすめしたい打ち込み釣り用のリールを紹介!

この記事で紹介するリールは数万円する高価なリールもありましたが、打ち込み釣り用のリールに必要な機能やパワーを十分に備えておりガーラ(和名:ロウニンアジ)などの大きな魚が掛かっても大丈夫!

ここで紹介したリールは

 

  • 快適な巻き心地!
  • 魚の引きに負けない巻き上げパワー!
  • 耐久性!

 

が備わっていてストレスフリーで釣りをすることができる!

正直言って、どうせ打ち込み釣りをやると決めたなら性能が良いリールを買って長く使う方が長期的にはお得!

打ち込み釣りのリール選びに悩んでいる人は、この記事で紹介した竿の中から選んでみてはいかがでしょうか?

 

  • 打ち込み釣りのリールは快適な巻き心地、魚の引きに負けないパワー、耐久性が優れた有名メーカーのリールを買った方が良い!
  • 安くて性能が低いリールはバラシやトラブルのリスクも高まる!
  • 有名メーカーのリールはそれなりに値段が高くなるが、耐久性等を考慮すると安いリールを何度も買い替えるよりも得!
【打ち込み釣り入門】道具・仕掛け・エサまで初心者に分かりやすく解説!どうも、琉球釣遊会(@oki_fukase)です。 今回は沖縄で大人気の釣り「打ち込み釣り」について徹底解説! 打ち込み釣りを始めた...