釣り情報

沖縄フィッシングショー2018に行ってきた!


記事を読むのにかかる時間: 2

ハイサイ!

2018年沖縄フィッシングコンテンツショーに行ってきました!

朝起きると天気は快晴、しかも大潮。

釣りに行きたい欲求マックスだが、

いつも画面の向こう側でしか見ることができないプロの方と会い、

直接お話しを聞く機会は滅多にないのでフィッシングショーへ!

豪華景品のガラポン

会場にはたくさんの方々がいて沖縄にはこんなにも多くの釣りさーがいるのかと少しびっくりするとともに、

女性が多いことにも驚きました!

釣りガール増えてるんですね~!

入場してすぐにガラポンを回すも、、、

白玉。ハズレ。

景品はシマノファイヤブラッドがまかつマスターモデルダイワトーナメントイソ(すべてテスターのサイン入り)など豪華賞品が多数でした。

1回1000円で再チャレンジできるとのことだったので、

50回(5万円分)ぐらい回そうかなという思考が働いたのは内緒。

さて本題に入ります!

各メーカーさんのブースでは最新商品が多数展示されれおり、

実際に商品に触れることができました!

展示されている竿を曲げさせて頂き、竿の調子を実際に味わうことができました!

シマノイソリミテッドに触れている時に、

シマノのテスターから甘い言葉

「これまでとは違ったカーボン使っているんですよ~」

「リールシートも握りやすくなってますよ~」

をかけられ財布の紐がゆるみそうでした!

シマノブースではテスターの田島さんとお話しさせて頂きました!

沖縄の釣りに関する貴重な意見や製品開発に関するマル秘情報のお話を聞かせて頂きました。

特に印象的だったのが

「沖縄の釣り人は大会で全国に行っても下に見られることが多かったが、

ここ最近は沖縄のレベルが上がってきており、

全国では沖縄の選手は恐れられるほどの存在になってきている」

という言葉です!

沖縄でグレは滅多に釣れないのですが、

グレ以上に強い引きを見せる魚がたくさんいます!

本土のテスターの方に40オーバーのトカジャー(和名=クロハギ)を掛けて頂きたいですね!

掛けた瞬間の初速に仰天すると思います(笑)

60オーバーとなると殺人的なスピードですからね。

長々とすみません。

簡潔に写真で見ていきましょう!

がまかつ

果たしてこれで総額いくらするのだろうか。。。

家にこんな絶景が広がっていたら毎日幸せだろうな~。

鬼才にサイン頂きました!

この携帯はもう使えないので携帯は2台持ち?爆

ダイワ

最初に目に付いたのはもちろんこちら!

トーナメント60th限定モデル!

そして3月に発売予定の、、、

オレガ剛徹!

デザインがカッコよくなっている!

今のオレガもいいですが、真っ黒でシックな感じがしますからね。

ゴールドが入ったことにより豪華でカッコよくなりました!

  

シマノ

テスターの方を探すのに必死で写真を撮ることを忘れていました。

ステラのパーツ!

実際にオーバーホールをやってお客さんに見せているようでしたよ!

   

いかにもルアーでGT狙いをしていそうな外国人の方がこれをみて興奮してました!(笑)

まとめ

トークショーでは功さんとシロモッチが沖縄の釣りと本土の釣りの違いやスルルーについて熱く語っておりました!

トークショーのじゃんけんは全敗でした。。。

がしかしとても充実したイベントでした!

実際に製品の開発に携わっている方から生の意見を聞ける絶好の機会!

そんな貴重な経験ができるイベントが地元の沖縄で開催されたことに喜びを感じます!

運営者の皆さまもお疲れ様でした!

しかしながら、どうやらフィッシングショーに参加したことで病にかかってしまったようです。

物欲にトリプルアクセルかかってしまいました。

家に帰ってきてから釣り具のカタログばかりを見てよだれを垂らしています。爆