釣行記

那覇一文字 チーム釣行


記事を読むのにかかる時間: 2

今回はこの時期に釣れだす尾長グレを求めて那覇一文字へとチーム釣行!

3時半頃に丸沖つりぐに到着!

0便で渡ったものの、、、

前夜入りの方がいる。

仕方なく釣り座は尾長グレが出現する1番座とは程遠い場所に構えることに。

状況

天気:くもり

風:北(5~6m)

潮:中潮

満潮:1034、2209

干潮:0401、1622

タックル

竿:シマノ極翔1.7号

リール:ダイワトーナメント2500番

道糸:サンライン テクニシャン 3号

ウキ:ソルブレティーテュースG5

ハリス:2.75号

ハリ:テクノグレ8号

マキエ:オキアミ6キロ、ジャンボグレ

釣り開始

前回同様、マキエを撒くも朝一は魚が現れず激流。

潮は釣り座から見て右から左へ流れる!

那覇一文字ではまだほとんど釣りをしたことがなかったが、前回の釣行で少しは慣れたがやはり潮の流れが速いので仕掛けをいれるのに一苦労。

その上、釣り座が高く、ラインを風に取られないよう穂先を海面にできる限り近づけて釣りをしなければならないので腰が痛くなる。。。

ヒレーカーリベンジ

釣り開始から1時間ほどでヒレーカーが登場!

中層にてエサを拾っているがサシエは全く無視。

前回ヒレーカーを掛けることができなかったのでリベンジするために、

ヒレーカー狙いに細軸の針を購入!

細軸の針にすることによってサシエの沈下速度をできるだけマキエの中のオキアミと同じようにするためだ。

これで少しでもヒレーカーをだましやすくする狙い!

がしかし、それでもヒレーカーはサシエは無視。

サイトで狙うもヒレーカーの棚が深いので目でサシエを追いかけるのには限界がある。

万座毛のヒレーカーと那覇一文字のヒレーカーは今の自分の腕では掛けられる自身がありません。

今後も修行を続けて腕を磨き、自分の釣りの引き出しを増やしていきたいと思います。

遠投フカセ

ヒレーカー狙いを諦め、遠投フカセに仕掛けを変更!

50メートルほど遠投したウキが一気に消し込む!

次の瞬間、

バチバチ~!

この瞬間がたまらん!

ハリス5号とタックルも強めなので強引にやり取りする!

回遊系の力強い引きを見せ上がってきたのは、、、

カツオ!60センチ!

しかもナイスサイズ!

約2.8キロ

2018年2本目となるカツオで嬉しいのではあるが3キロには届かず。。。

引き続きカツオを狙うがいなくなったようなので再びフカセへと切り替える!

がしかし、

死海。

魚がいない。

メンバーのKYDは終了間際にフカセで40センチ近いイラブチャーをゲット!

何とかメンバー二人とも坊主逃れ達成!

那覇一文字は15時以降になるとほとんど魚がいなくなり釣れなくなるような感じがします。

2018年の釣り始め釣行にて大撃沈を食らい先行きが不安でしたが、

2018年は爆釣になりそうな予感?

カツオは刺身とタタキにて美味しく頂きました!