釣行記

那覇一文字 新堤 カツオ


記事を読むのにかかる時間: 3

2017年釣り納め、2018年釣り始めで大撃沈を喰らってしまったので2018年初魚を求めて行って参りました!

今回はまーさんむん(沖縄の方言で「美味しいもの」)のカツオを求めて!

0便で渡る予定で3時にアラームをセットしていたが、、、

目を覚ますと6時15分。。。

寝坊。。。

7時便で渡るために急いで準備を済ませ出発!

6時45分に丸沖つりぐに到着!

名簿の人数を確認して渡れそうな場所を決める!

ギリギリ新堤なら入れそうだったので新堤へ!

状況

天気:晴れ

風:東南東〜南東

潮:中潮

満潮:0905、2033

干潮:0232、1444

タックル

竿:シマノ極翔1.7号

リール:ダイワトーナメント2500番

道糸:サンライン テクニシャン 3号

ウキ:釣研ツインフォース

ハリス:2号

ハリ:テクノグレ8号

マキエ:オキアミ、V9

釣り開始

マキエを撒いて状況を確認するも、魚は不在。

今回も2018年ファーストフィッシュに会うことはできないのか?

釣りをする前からそんな悪い不安が脳裏をよぎる。

釣り座に就くと、風は左から吹き、潮は左方向へ。

仕掛けが馴染む前に仕掛けが左方向へ流されそうだなと思ったので少し重めの仕掛けを選択。

案の定、仕掛けを右方向へ投入するも、約10秒ですぐに左の方向へ流される。。。

20秒もすれば左側で釣りをしている釣り人の方まで仕掛けが行くほど。

釣り開始から1時間ほどこの状況が続いていたが、中層にようやく45cmほどのヒレーカーが登場!

潮の流れも弱まり釣りやすい状況に変化!

これはチャンス!

ヒレーカーを狙うもなかなか喰わしきれないので、底付近を狙う!

すると、数投目で流れに従って一定のリズムで出ていた道糸が止まる!

底に着いたのかと思い竿を軽く持ち上げると、、、

何かかかっている!

底で掛けたので一気に浮かせにかかる!

2018年のファーストフィッシュは?

浮いてきたのは、、、

ニセラン!

お腹パンパン!

気になるサイズはというと、

39センチ!

少しオキアミ被っていてすみません。

昨年に引き続き今年もニセランにはお世話になりそうですね~。。。

その後、ヒレーカーを狙いハリスを1.5号へ落とし、針も小さい針に変更!

するも、なかなか掛けきれずにいると中層付近で

バチバチ~!

ベールを立てるのに少し手こずったがファイト開始!

魚の走りからして回遊であることと、ハリスが1.5号と細いので沖まで走らせる!

魚が弱ったところで巻き取りにかかる!

ジワリジワリと竿を曲げて寄せてくる!

足元付近まで来たところでキラッっと光る!

カツオだ!

まーさんむんを何としてでもゲットしたいのでバラさないように丁寧にやり取り!

がしかし、足元に来たところでカツオが終盤の猛攻を見せさらに横へ走る!

次の瞬間、、、

フワッ。バラシ。

ハリスを2.5号へ上げ再度カツオを狙う!

すると、数投目にて

バチバチ~!

ハリスを太くしたものの先ほどバラシているのでビクビクしながらのやり取り。

足元で最後の猛攻を見せるがATDがいい仕事をしてくれて適度に道糸が出ていく。

再び足元までジワリジワリと寄せ無事タモイン!

カツオを釣ってからは魚もいなくなったので終了。

エサの入れ物・ハリス・針が落ちていました。

ゴミは持ち帰りましょう!

カツオは美味しく刺身にて頂きました!