釣行記

那覇一文字 新堤2番


記事を読むのにかかる時間: 3

今回も前回の安田漁港釣行に引き続き相棒のKYD氏との2人での釣行になります。

釣りに行く予定はなかったが、せっかくの三連休という事で、天気予報も見る事なくあっさりと急遽那覇一文字の新堤2番に行く事に決定(これが後で最悪の事態を招く事に)。

3月19日(日)

潮: 小潮 

【満潮】10:31、23:47  、【干潮】4:36、17:16

釣具屋で餌等を購入。

さらに、今回はコンロも準備しているのでスーパーで自分たちの餌も購入。

土曜日の夕方の便で初めてとなる那覇一文字の新堤2番へ前夜入り。

ポイントに着くとかなり沖の方までテトラが敷き詰められている。

そのため水深は4〜5mと浅い。

こんな所に魚いるのだろうかと不安になるが、夜の打ち込み用の餌を確保しなければならないためすぐに巻き餌を作り餌確保に取りかかる。

(後から話を聞いて知ったのですが、新堤2番はフカセポイントではなくガラサーポイントとの事。どうりで他の釣りさーがみんなガラサー師ばかりだったわけだ)。

がしかし、餌取りすら出てこない。

餌取り達はお家に帰ってしまったようだ。

そんな中、KYD氏が何とかヤマトミジュンを2匹釣り夜の打ち込みの餌確保!

日も暮れかけてきたのでフカセを終了し打ち込みの準備に取りかかる!

打ち込みタックル

竿:ボトムキング

リール:ツインパワー2009 12000XG

道糸:PE6号

リーダー:18号

ハリス:20号

針:タマンスペシャル22号

餌:ヤマトミジュン

釣り開始

仕掛けを投入するも、かなり沖の方までテトラが敷き詰められているので根掛かりばかり!

2人とも半ば諦め自分たちの餌の準備に取りかかる。笑

今回はコンロを持ってきたので自分たちの餌はお魚さん達の餌と同じぐらい豪華!


腹を満たした後は寝袋で爆睡。

がしかし、真夜中にポツポツと嫌な音がする。

空を見上げると空一面雲。

おージーザス。

しかもかなり強くなってきて寝袋の中まで浸水。

しかし、1度寝たら起きない僕は爆睡。

後々、KYD氏に聞くと大雨で雨が寝袋に浸水してきてるにも関わらず爆睡する僕に驚いて言葉も失っていたよう。笑

AM4時頃。

雨に濡れてメインのフカセをやる前からテンション下がっていると釣り吉の打ち込み竿の鈴が鳴る!

前回の反省を活かし慌てず魚が食い込むのをしっかり待つ。

がしかし、餌を離したのか1度軽く竿がお辞儀した後は変化なし。

5分ほど待ち仕掛けを回収しようとすると根掛かり。

その後は何もなく夜明けを迎えフカセスタート!

フカセタックル

竿:BB-X スペシャル SZⅡ 1.2号

リール:テクニウム SUT

道糸:3号

ウキ:エイジアマスターピース 0号

ハリス:2.5号

釣り開始

棚が浅いため棚に合わせてウキ止めをつけて、ウキ止め部分まで仕掛けが馴染んだらウキが沈んで行くような仕掛け!ウキ止めまで仕掛けが馴染んだら仕掛けを張り糸を送り込まないようにする!

(前日の夕方に根掛かりでウキを2個ロストしたため)

巻き餌を巻くも朝一は餌取りさえもいない。

満潮時刻が10時半だったためその前後には魚も出てくるだろうと期待するもなかなか魚が現れない。

がしかし、先端側に釣り座を構えているKYD氏が沈黙を破った。

魚の走り的に回遊魚!

手前に寄ってくるとキラッと光る!

カツオじゃないかとテンション上がるが、、、イケテナイ方のカツオ。

イケガツオちゃん。

釣り座が高いのでタモ入れに手こずりながらも何とかタモイン!


後に続けと沖目に巻き餌を巻くも釣れず。

そうこうしている内に足元に魚が出てきたので足元を狙っていると底付近で久しぶりのバチバチ〜!

たまらん!

なんなく浮いてきたのはカスミアジ!

まーさんむん!

その後防波堤の際にゆうに50センチは超えているであろうイスズミが3匹登場し巻き餌を拾っているが餌取りと同じ棚で餌を拾っている上、仕掛けのオキアミには見向きもしない。

諦めた私は雨の中2時間ほど爆睡。

その後もイスズミを狙うも食わしきれず納竿。。。

今回は雨に濡れ凍えながらの釣りであった上、ほとんど寝ていない状態での釣りだったのでとてもキツかったです。

当たり前の事ですが、釣りに行く際には前日に天気予報を確認しましょう。