釣行記

恩納村万座毛でフカセ釣り


記事を読むのにかかる時間: < 1

今回は回遊魚(カツオ)を狙い初めての万座毛へと釣行しました。

 

前日に買い物を済ませやる気まんまん。

 

アラームを3時にかけて家を4時に出発しようと思い寝床に就く。

 

がしかし、翌朝目を覚ますと7時。

 

急いで準備を済ませ万座毛に9時前に到着するも1番座と2番座にはもちろん先客あり。

 

カゴ釣りをしているおじさんに隣に入れてもらい何とか釣り座を確保。

 

状況

3月30日(木) 

天気:晴れ

潮:中潮 

【満潮】8:28、21:01、【干潮】2:24、14: 49

 

万座毛へと釣行する際は磯靴の着用をおすすめ致します。

 

尖っている岩の上を重い荷物を抱えながら登り下りするので、島ぞうりやクロックスだと転んで怪我します。

 

撒き餌を作りながら周りの状況を見ると誰も釣れていない様子。

 

時折30センチ程のグルクマーの群れが回遊してきている!

 

タックル

  • 竿:シマノ ベイシス 2号
  • リール:レマーレ 8000番
  • 道糸:6号
  • ウキ:メガフリー
  • ハリス:4号

 

足元には根が張り出しているの上、グルクマーも足元には回遊してこないので遠投できるウキをチョイス。

 

メガフリーはウキ自体が大きく遠投ができる上、

 

ウキの上部についているゴム蓋をあけてそこにガン玉を入れてウキの浮力を調節できるのでかなり便利!

 

釣り開始

 

最初に足元に撒き餌を撒くも餌取りもいない状況。

 

時折回遊してくるグルクマーを狙って遠投!

 

するも、撒き餌に反応せず。

 

ハリスを2.5号に落とし、ハリスも透明ではなく海の色と同じブルーのハリスを使用!

 

しかし喰わない。

 

仕掛け変更!

 

メガフリーにガン玉を入れ、仕掛けが立ったらじんわりと沈んで行く浮力設定にして底を狙ってみる!

 

ところが、それでも全く餌が落ちないような状況が3時間ほど続く。

 

そこで足元の根と沖の切れ目に撒き餌を撒く!

 

するとやっとで餌取りが出てきた!

 

何度か餌取りに餌を取られながらも仕掛けを送り込んでいくとバチバチ〜〜〜!

 

根が沖まで張り出しているので、少々強引にやり取りすぐに浮かせにかかる!

 

浮いてきたのは40センチ程のヒレーカー!

 

がしかし、、、

 

タモ入れをしようとタモに手を伸ばしかけたところで針ハズレ。

 

ここ最近本当にバラし癖がひどい。

 

その後も50センチ近いヒレーカーが数匹足元に回ってきたが、

 

撒き餌に見向きもせず過ぎ去って行きました。

 

その後も足元を攻めるが、風が強くなり仕掛けを入れ込む事が出来ない上に、

 

餌取りさえもいなくなったので14時には納竿。

 

まとめ

では、今回の釣行のまとめ!

 

  • 万座毛は潮がよい時には回遊が回ってきて釣れそうな雰囲気!
  • 夏はグルクマーやカツオなどの回遊魚が期待できる!
  • フカセで回遊魚を狙うのもいいが、スルルーをつけて流して回遊魚を狙ってみるのもあり!

 

ただし、足元にサメがいるので、かけた魚をサメに持っていかれる危険性も大です。

 

今回も小さなサメが1匹いました。

 

サメを警戒してグルクマーが近くまで寄って来なかったものと思われる。

 

次回は寝坊せずに起きてしっかり1番座を確保して釣りに臨みたいと思います。

 

万座毛 釣り ポイント紹介沖縄県北部の恩納村にある『万座毛』のポイントを紹介します。 万座毛は沖縄景勝の地で観光地としても人気があります。 しかし、観...