道具

フカセ釣りのおすすめ磯靴フェルトスパイクを紹介


記事を読むのにかかる時間: < 1

フカセ釣りにおいて磯靴フェルトスパイクは必須アイテムです。

 

皆さんも磯に行く時には安全のためにスパイクを履いていると思いますが何を履いていますか?

 

今回は流行りのオススメフェルトスパイクを紹介します!

 

というのも、、、

 

数年ほど前に買って以来ずっと同じものを使用しておりボロボロになってきたので、そろそろ買い換えなければなぁ〜と思っているので。

 

今現在使用しているのがこちら!

 

 

つま先部分に穴が見受けられます。(笑)

 

まだ履けないこともないのですがかなり年季が入ってます。

 

底も削れてきてるのでフェルトを交換しなければいけないのですが、フェルトが5000円ぐらいするので、、、

 

5000円でフェルトを交換するぐらいならもう新しいものに買い換えようかと。

 

では、さっそく各メーカーから販売されている磯靴の中でもおすすめの磯靴フェルトスパイクを紹介します!

 

ダイヤルくるくる機能とは?

出典:シマノ

 

今現在履いているスパイクはマジックテープ式なのですが、最近のスパイクはマジックテープではなくダイヤルをくるくると回して締めるタイプが主流になってきています!

 

これなら寒い時期にグローブを付けたままでもくるくるとダイヤルを回すだけで脱ぎ履きがスムーズ

 

今回はこのダイヤルくるくるタイプのおすすめフェルトスパイクを紹介します!

 

1.がまかつ エントラントMPシューズ

 

特徴

がまかつの磯靴で高い防水逸湿性能を備えており、波などの外部からの水しぶきを防ぎながら、人間の汗や熱といったシューズ内部の蒸れを放出するという性能を備えています。

 

シマノ ゴアテックス フレックスラバーピンフェルトシューズ Limited Pro Boa

 

特徴

GORE-TEX(ゴアテックス)

濡れずにムレないゴアッテクスを採用しているので、磯でも快適に釣りをすることができます

 

フレックスラバーピンフェルトソール

靴底は滑りにくなっている上に、溝が設けられているので屈曲性能に優れ動きやすくなっている!

 

ダイワ トーナメントフィッシングシューズ

 

特徴

ベリピタロックシステム

ファスナーとロックバンドでソールをしっかり固定できる!

 

スーパーキュービックセンサーソール

フェルト、スパイク、ラバーのすべての素材が入ったソールになっているので、かなりグリップ力が効き滑りやすくなっている!

 

フカセ釣りおすすめ磯靴フェルトスパイク まとめ

どのメーカーの製品もフラッグシップモデルだけあって素晴らしい製品に仕上がっている。

 

個人的にはシマノのスパイクを履いていたのでシマノのリミテッドプロの購入を検討している!

 

ダイヤルくるくるを最初に磯靴に取り込んだのはシマノだという点も個人的には大きなポイントで信頼度が高い!

 

磯靴は岩場の上を歩くのでどうしてもソールが固くなってしまうが、ソールが固いと歩きにくく、足が疲れやすくなる。

 

シマノのフレックスラバーピンフェルトソールは屈曲性に優れ歩きやすそうである点も高評価。

 

また、この3つの中で一番軽いのもシマノ製品である!

 

磯靴が少しでも軽ければ魚を掛けてからのやり取りにおいても、磯靴の重さが気にならず楽になる。

 

さらに、重い荷物を背負って磯を歩かないといけないとなると、少しでも軽くて歩きやすいスパイクがいいですからね!