釣行記

アーガイ40オーバー チーム釣行(フカセ編)


記事を読むのにかかる時間: 2

はいさい!

今回は前回のチーム釣行(打ち込み編)の続編となるチーム釣行(フカセ編)です。

フカセの前に少しスルルーも流したのでスルルー編も!

スルルー編

午前5時から1時間ほどスルルーを流すも、潮の流れが左手前に流れる当て潮だったので仕掛けを流してもすぐに足元に戻ってくる。

そして、仕掛けが流れてくる左側には他の釣り人もいたので非常に釣りにくい状況。

1時間ほど粘るもアタリがなかったのでスルルーは終了。

フカセ編

釣り場状況

撒き餌を撒くと足元には大量の餌取り。

オヤビッチャが海面から口を出して音を立てながら餌を拾う始末。

がしかし、

45センチ程のトカジャー1匹と40センチのイスズミ数匹を発見!

餌取りと同じように高活性で海面付近まで餌を拾いに来ている!

餌取りを足元に寄せ、トカジャーを沖の方へ誘導しようと撒き餌分離作戦を試みるも、餌取りの30センチほどのイスズミが沖まで出て行く。

足元から徐々に沖の方へ撒き餌を撒き、これ以上餌取りのオヤビッチャが沖まで出て行かない本命と餌取りとの境界線を見つけだしたのだが、それでもオヤビッチャより遊泳力のあるイスズミは境界線より沖まで出て行ってしまう状況。

その上、本命のトカジャーは沖に撒き餌を拾いに行ったかと思えば、底の方へといなくなり、また足元の餌取り用の撒き餌を拾いにくる状況でトカジャーの棚が安定せず。

この中から本命を釣り切るのは難しいなぁと思いながらま仕掛け作りに入る!

フカセタックル

竿:シマノ極翔1.7号

リール:ダイワトーナメント2500番

道糸:サンライン3号

ウキ:ソルブレPFフカセ 0α

ハリス:2.75号→2.5号

ハリ:テクノグレ8号

作戦

当て潮を利用し、沖に投入した仕掛けが馴染みながら境界線付近に来たところで、餌取りのいない中層付近で撒き餌を同調させ本命を釣るイメージ!

トカジャーが足元にも沖にも行くようだったので、足元から沖へ行く際や逆に沖の方から足元へ戻ってくる際に境界線付近で足止めし、そこで喰わせる作戦!

①足元に撒き餌を5杯撒き、

②餌取りの境界線より沖の方へ1杯撒き、

③境界線付近に1杯!

④その後沖の方へ仕掛けを投入!

⑤撒き餌をさらに餌取りの足元に3杯

⑥そして境界線付近に本命用の撒き餌を3杯!

1投のためにかなり撒き餌を撒かないといけないので、手間がかかるが夏の沖縄の海ではこれほどまでにしないと餌取りの大群を交わす事が出来ない。

(これでも餌取りにヤられる事がしばしば)

釣り開始

午前7時!

第一投目!

予想していた通り沖に仕掛けを投入しても案の定、30センチ程のイスズミにヤられる。

その後もイスズミの猛攻にあいなかなか本命を釣りきれない。

このような状況が続く中、KYD氏やVOXY氏はグルクンをコンスタントに釣っている!

それでも、根気強く作戦を実行し続けていると、仕掛けが馴染むとジワジワと沈むように設定したウキが中層付近で一気に走り出す!

明らかに仕掛けが馴染むスピードより速い速度でウキが走ったのでアタリだ!

アワセを入れると緩めに設定したドラグからジワジワと糸が出て行く!

竿を立ててドラグを締めファイト開始!

足元の根に突っ込もうとする時はしっかり竿で受け止めて、魚が沖に走る時は少し糸を出し丁寧にやり取りを意識する!

1分ほどのやり取りの末浮いて来たのは、、、

ニセカンランハギ!

44センチ!

お腹パンパンのデブでした。

あまり嬉しくないのだが、ニセランの記録更新。

トカジャーの仲間なのだが、狙っているのは偽物の君じゃない。

本物を連れて来てくれとリリース!

(トカジャーが好きでトカジャーばっかり狙っているのだが、あまり美味しいと思った事がないので基本的にリリースしてます。)

同じように仕掛けをうまく中層から底付近まで入れる事が出来た時にはアタリがある!

表層にも本命のトカジャーはいるのだが、

底付近にも本命がいるのだと確信し底付近を探るようにする!

この作戦で小さいがトカジャーをゲット!

36センチ

午後になると天気が崩れて大雨という厳しい状況が続くが、雨によって魚の警戒心も下がるのか?雨が降っている時の方がアタリが多い!

実際、雨が降っている時に底付近でバチられてなす術なくハリス2.5号瞬殺。

雨が止むもしばらくアタリがなくなったので、夕まづめまで休憩。

夕まづめになり少し餌取りの数が減り釣りやすそうになったので釣り再開!

するも、本命の姿が見られない。

という事で、一気に底まで沈め底付近で糸を張りアタリを待つ作戦!

これを繰り返していると道糸をひったくるアタリ!

本命のドリーか?

と思い軽くアワセを入れるも、底の方へと突っ込む重量感のある引きではあるが、ドリーの走りではない!

足元の根に突っ込もうとするので竿を立てて糸を出さないようにして根を交わすと観念したのか、すぐに浮いてきたのは、、、

アーガイ!

KYD氏との息のあったタモ入れで無事タモイン!

44センチ!

かわいい顔してます。

久しぶりのまーさんむんアーガイに少し興奮!

その後はアタリも途絶えたので終了!

まとめ

ここ最近はフカセでもコンスタンに40オーバーを釣る事が出来ているので非常に嬉しい!

個人としてもチームとしても以前に比べて打ち込みでもフカセでも釣果を伸ばしてきているので非常に嬉しい!

ただ、チームの今年の目標であるカマジーと50アップドリーをまだ釣り上げる事が出来てないので目標達成まで腕を磨いて精進して参りたいと思います。

長くなってしまいましたが、以上チーム釣行フカセ編でした!

悲報

打ち込みで仕掛けを投入する際にタマンモンスターの10号を根元からポッキー。

修理費用にいくらかかるのか?

ちむどんどん。