釣行記

ダイソーの100円ジグでも魚は釣れるのか?

 今回は題名の通り、ダイソーに売っている100円のルアーでも魚は釣れるのかについて検証してきましたので報告したいと思います。 

ダイソーのルアーとメーカーのルアーとの違いは? 

 ルアーフィッシングをされている方ならご存知かと思いますが、釣具店に売っているルアーって高いですよね。

安いものもありますが、高いものだと2,000円近い値段するものもあります。 

 確かに、有名なメーカーが作っているルアーは値段が高いなりにアクションや素材に様々な工夫が施されています。

魚に対するアピール力が強かったり、魚に違和感を感じさせないようなアクションをする作りになっており、安いルアーに比べて魚を釣りやすいと思います。 

ロストはつきもの 

しかし、ルアーフィッシングに限らず、釣りにおいて根掛かり(ロスト)というものはつきものです。

そして、その根掛かりした際にせっかく高いお金を出して買ったルアーをロストしてしまう事が多々あります。

自身も高いルアーを購入して一投目で根掛かりをしてしまいロストしてしまうという最悪の事態に見舞われた事が何度かあります。

毎回の釣行でルアーをなくすという事はなくても、何度か釣行に行くうちにルアーをロストする事が続けばかなり大きな出費となり釣り人にとっては大きな痛手となるでしょう。

ならば安いに越したことはない!

釣りをする上で根掛かりする事は避けて通れないという事を前提とすれば、このような大きな出費を防ぐには安いルアーを使って魚を釣る方法しかないのではないかと思われます!

つまり、100円程度の手頃な価格のルアーで魚が釣れれば、ルアーをロストした時の財布の出費やルアーを無くした時の心のショックも最小限に抑える事ができると思います。

ロストのリスクを恐れず攻められる 

また、高価なジグだとルアーをロストする事を恐れてボトムを攻めにくいために、ボトムにいる魚にアピールできないという問題もあります。 

しかし、格安のルアーなら上記のようにロストした時のダメージが少ないためにガンガンボトムを攻めて色々な魚に出会う事ができます!

ダイソージグ検証 

という事で、今回は100円ショップの大手ダイソーに売っている100円の格安ジグでも魚を釣る事が出来るのかについて検証してきました。

ちなみに、購入したジグがこちらです!

  

 カラーバリエーションは、シルバー・ブルー・オレンジ・グリーンの4種類です! 

 また、サイズは18g、28g、40gの3種類! 

 ちなみに、写真の真ん中2つが18gで、上と下の2つが28gです。 

 以上のダイソージグを抱えて、近場の釣り場に行ってきました。 

タックル紹介 

ロッド:シマノ ルアーマチック

リール:シマノ ナスキーC3000HG

道糸:PEライン1号

ハリス:1号(3号で釣る予定が、準備中にテトラの下に落としてしまったため)

準備中にハリスをテトラの下に落としロストするという事態にも見舞われたが、いざスタート!

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥13,800
(2021/12/07 08:14:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

すぐにヒット!

数投目で早速ヒット!!! 

回遊系の魚特有の引きで上がってきたのは、元気のいいサワラ!!!

 

 

ダイソー100円ジグをガッツリと食ってます!

サイズは50センチオーバー!!!

こんなにも簡単に釣れるとは思っていませんでした。

 

ダイソー100円ジグまとめ 

 

  1. コストパフォーマンスに優れている。
  2. 高いジグと違い不安定な動きをする。ただし、その不安定な動きが逆に魚に対するアピールとなり釣れる可能性あり。
  3. 100円と安いジグだけあってルアーの塗装が甘いため、岩にぶつかったりすると塗装がすぐに剥げる。
  4. フックの先端が尖っておらず、掛かりが悪いので、フックは別の物を購入して付け替えた方が良い。

 

以上、良い点・悪い点含めて、ダイソー100円ジグについて検討してきたが、やはり100円という価格の安さがかなり大きなメリットであるように思う!

塗装が剥げたり、フックの先端が尖っていないという問題はあるものの、塗装の問題は自分で塗装を強化することによって解消できるし、フックの問題はヤスリでフックを削るか、フック自体をチェンジする事によって解消できる!

価格の安さはこのようなデメリットをカバーする程大きなメリットであるように思う!

ダイソーの店舗によっては釣り具を置いていない店舗もあると思いますが、皆さんもぜひ手に取り試してみてください!