釣行記

山川漁港でフカセ釣り


記事を読むのにかかる時間: < 1

フカセ釣り及び打ち込み釣りで沖縄本島北部の本部町にある山川漁港へ行った際の釣行レポート!

状況

4月29日(土)

天気:晴れ

潮:中潮 

満潮 8:07、21:16

干潮 2:15、14:46

タックル紹介

打ち込みタックル

竿:ボトムキング

リール:ツインパワー12000xg

道糸:PE6号  リーダー:20号

ハリス:24号  針:タマンスペシャル24号

フカセ釣りタックル

竿:bb-x special szⅡ 1.2号

リール:テクニウム SUT 

道糸:3号  ハリス:4号

ウキ:ソルブレPFフカセ00

針:あわせちゃだメジナ7号

あわせちゃだメジナがオススメ

最近、気に入ってあわせちゃだメジナを使用している!

この針に変えてから針を飲まれることがほとんどなくなりました。

あわせちゃだメジナは、

・通常の針に比べ針先が内側を向いているいわゆる「ネムリ形状」

・尾長やトカジャーなど飲まれ切れでバラすことの多い魚を狙う時に最適

だと思います。

 

フカセ釣り開始

撒き餌を撒くと、水温が上昇してきているからなのか?

魚の活性がよく魚が浮いて撒き餌を拾いに浮いてきている!

今日はイケるぞと意気込む!

がしかし、釣れるのはエサ取りばかり。

しばらくすると、元気よく泳ぎながら餌を拾っている30センチぐらいの奴がいる。

 狙ってみると、一発でヒットーーー!

10秒もしないうちに浮いてきたのは、、、

ヨシズミ推定30歳。

こんな小さい魚白Bの敵にならない。

その後も撒き餌を撒くが、大きい魚は見えず、餌取り達は高活性。

しまいには、ツノダシがひったくりバチバチ~する始末。

アタリがないので海を観察していると、

目の前を2キロはあろうアオリイカが素通り!!!

エギ持ってこればよかった。

イカはいるものの、魚は全くおらず。

2時間程度撒き餌を撒き様子を見るも全くアタリがなく死海。

ということで、早めの納竿。

打ち込みの方もアタリはなし。

しかし、地形的には夜釣りでタマンが釣れそうな雰囲気でした。

魚は釣れませんでしたが、天気がよく伊江島たっちゅーが見えました。

ということで、今回はここまで!

次回は伊平屋遠征について報告します!