釣り情報

アーガイやイラブチャーの餌にはコーン


記事を読むのにかかる時間: < 1

アーガイ・イラブチャーなどのブダイ系の魚を釣る時にどんな餌を使用していますか?

オキアミで釣ることが一般的ですが、エサ取りの多い場合はオキアミではエサ取りすぐにエサを取られてしまいます。

そのような状況においてオススメなのが「コーン」です。

スーパーに売っている人間が食べるコーン(トウモロコシ)です。

初めて耳にする方はびっくりするかもしれませんが、知っている人の間では有名です。

エサ取りもコーンを食べる?

オキアミを使って釣るのが通常ですが、

数年前にコーンでも釣れると釣り王国で取り上げられ、コーンを使って釣れることも知れ渡っています!

餌取りが多くサシエのオキアミが持たないという状況においてはコーンは非常に頼りになるエサです。

がしかし、最近は餌取り(オヤビッチャ)はコーンも活発に食ってくることがあります。

特に、夏の活性が高い時期にはオキアミではエサが持たないので、餌取り対策としてコーンを使っても餌取りにすぐにやられてしまいます。

コーンよりもヤドカリ?

そういうコーンも持たないような状況において、

餌取りを交わしてイラブチャーを釣ることができる秘密のエサがあります!

それが、、、

ヤドカリ(アーマン)です!

中学生の頃、釣りをしていてエサがなくなったので付近にある貝やカニを捕獲してエサにしていたところたまたまヤドカリを発見!

すぐに針にヤドカリをつけて釣りをすると、なんとすぐにアーガイが釣れました!

当時はまさかヤドカリでアーガイが釣れるとは思ってもいなかったのでビックリしましたが、

後々調べるとヤドカリでアーガイ・イラブチャーを狙うこともあるようです。

この経験から学んだことは、

釣りに限らず、何事においても、思いついたら即行動するということです!

思いつきの行動のためうまくいくことは少なく失敗の連続かもしれませんが、

失敗を次に活かし、いつの日か成功すれば結果的には成功したということになります!

最初の失敗は最終的な成功までのプロセスということですね!

これからもトライアンドエラーを繰り返し釣りの腕前を上達させましょう!