道具

オレガ遠投 打ち込み


記事を読むのにかかる時間: 2

ダイワからオレガ遠投が登場しました!

するするスルルー用の竿としてオレガ剛徹が新発売されましたが、さらに大物を狙うアングラーのために大物用のオレガ遠投が新登場!

打ち込み用の竿として気になっているので新登場したオレガ遠投について見ていこう!

 

製品情報

磯からレコードクラスの青物を獲るためのロッド!

「こだわりのブランド“俺の我流・OLEGA”の遠投モデル。磯からレコードクラス(10kgオーバー)のデカイ青物を獲るためのロッド。超高密度高強度カーボンSVFナノプラスを採用し、専用設計された細身肉厚ブランクスによりパワーと張りを実現。さらに、大型魚や青物特有の瀬際での抵抗に対しては元竿の3DXの効果によりバラシを抑えながらグイグイとターゲットを浮かせることができる。投擲時のブランクスのネジレを防ぐX45の効果とV-JOINTによる理想的な節のつながりによってロッドが持つ本来のポテンシャルを最大限発揮。ガイドバランスの変更により、ラインがブランクスへと追随し、ラインメンテナンスのしやすさを飛躍的に向上。また、大型魚の暴力的なファイトの際にもしっかり握りこめるEVAグリップを搭載し、大径下栓により腹に当てた際も負担が少ない仕様。」

ダイワHPより」

製品ラインナップ

■ 6-51 遠投
磯から10kgオーバーのブリ・ヒラマサ・カンパチ等を技と力でねじ伏せる潜在能力を持ったロッド。最強クラスのパワーを有するブランクスはそのポテンシャルを十分に発揮するようESS設計を用い最適なバランスを実現した。

■ 8-51 遠投
力対力の名前が相応しい「強さ」に徹底的にこだわったモデル。走られたら瀬ズレでラインが切れる、こちらに向かせて1センチでも距離を縮めたいという極限の状況の中で求められるパワーを磨き上げ、掛けた魚を確実に獲るポテンシャルを秘めたアイテム。磯から20kgオーバーのモンスターを狙う猛者へ贈るドリームロッド。

■ 4-53B 遠投
スタンダードなレングスにより一日中遠投を繰り返しても安定した飛距離を約束。♯1番節には太径チューブラー穂先(先径1.9mm⇒2.5mm)を採用し、張りをもたせることでエサを充填した重たいカゴもしっかり振りきれる操作性を得た。(両軸リール専用モデル)

■ 4-57B 遠投
長さを生かしたロングキャストによりバージンスポットや沖の潮目を直撃するアイテム。♯1番節には太径チューブラー穂先(先径1.9mm⇒2.5mm)を採用し、張りをもたせることでエサを充填した重たいカゴもしっかり振りきれる操作性を得た。(両軸リール専用モデル)

ダイワHPより」

打ち込み用の竿としてダイワからタマンモンスターやガーラモンスターが発売されておりますが、今回オレガ遠投が打ち込み用の竿として仲間入りしたということで、価格等についてタマンモンスターと比較してみました!

オレガの6号がタマンモンスターの8号相当で、オレガの8号がタマンモンスターの10号相当であろうか?

パワーがありそうでこれならガーラが掛かっても取れそうですね!

デザインも渋い!

がしかし、価格はタマンモンスターの約2倍となっている。泣。

いい竿であることに間違いはないだろうが打ち込み竿にこれだけのお金をかけるのには少しためらってしまうというのが個人的な感想です。。。

店頭で実際に竿を握って重さ等を確かめてみたいですね!

使用されている方がいれば実際に魚を掛けた感想を聞かせて欲しいです!