LIFE

シーミー(清明祭)とは?


記事を読むのにかかる時間: < 1

シーミーの時期ですが週末は雨ばかりですね~!

車を運転していると雨にも関わらず、お墓にテントを張ってシーミーを行っている家庭もちらほら見受けられます。

沖縄の人なら誰でも知っている行事のひとつあるシーミーですが、そもそもシーミーとは何なのでしょうか?

シーミー(清明祭)とは?

一言で言えばお墓参りです!

本土の方からすれば「初耳」かもしれませんが、沖縄ではシーミーの時期になると親族が墓(沖縄の墓も大きくて家と間違える程)に集まり食事をします。

ちなみにシーミーで食事を食べる風習を「ウサンデー」と呼びます!

シーミーが行われる時期

シーミーは旧暦の「清明」の時期に行われます。

新暦では時期が変化するがだいたい4月上旬~中旬に行われています。

シーミーの流れ

1.ご先祖様にお供え物を供える。

2.ヒラウコー(平御香)と呼ばれる沖縄独特の黒い板状の線香に火をつけ、ウートートゥ(合掌)をします。

ヒラウコーと同時にウチカビ(あの世のお金)を燃やして煙を天国に届けます。

3.お供え物をみんなで食べます。

「ヒラウコー」

「ヒラウコー」の画像検索結果

参照:「httpss://www.dee-okinawa.com/topics/2010/11/hirauko-01.html

「ウチカビ」

「ウチカビ」の画像検索結果

参照

httpss://www.dee-okinawa.com/topics/2015/06/worlduchikabi.html

本土の方からすれば沖縄のお墓参り(シーミー)は独特のものでしょう。

一族とのつながりを大切にする気持ちがより強い沖縄ではシーミーは大きな行事のひとつです。