フカセ釣り

2022年 チーム初釣り

どうも、琉球釣遊会(@oki_fukase)です。

毎年恒例の琉球釣遊会チーム初釣りに行って来ました。

例年同様、泊まり込みで打ち込み釣りとフカセ釣り!

グルクンやオジサンなどの小物しか釣れず釣果には恵まれなかったが、フカセ釣りでハリス4号を切られる大きなアタリがあり、冬のこの時期にしては魚の活性も高かった。

この記事では、釣り初めのフカセ釣りの釣行記録を書きます。

 

  • ウキフカセ釣りのタックル・仕掛け
  • 海の状況
  • ヒットした時の状況
  • 海中の様子を確認して気づいた点

 

を記録しているので、この時期にフカセ釣りをする時の参考にして欲しい。

打ち込み釣りもしたものの、アタリがなかったため打ち込み釣りの釣行記録は割愛する。

正直言うと、打ち込み釣りをしている時は、寝袋にこもり爆睡していたので、アタリがあったのかどうか分かりません。

正月の寒い時期に起きて打ち込み釣りのアタリを待つのは無理でした。

ただし、朝起きて仕掛けを回収するとエサのクチナジの切り身が無くなっていたので魚はいたのではないかと思われる。

 

状況

 

 

大潮で潮が流れているからか、魚の活性が高い気がした。

大潮の時に魚の活性が高まる理由としては、海水が大量に移動するので水流が発生し、水流の中にプランクトンやエサとなる小魚たちが溜まり、それらを捕食するために魚たちの活性が上がることが考えられます。

朝イチはエサ取りの姿しか見えなかったが、マキエが効き始めると、推定40cm〜50cmのトカジャーや推定50cmのサンノジの姿が確認できた。

しかも、これらの魚は中層(2ヒロ~3ヒロ)まで浮いてきてマキエを拾っており、中層でしっかりとオキアミを食べている姿が確認できる!

トカジャーやサンノジの動きを確認していると、基本的には中層~底付近にいて、マキエを撒くとエサを拾いに中層に浮上する動きが確認できる。

そこで、中層にいるフカセ対象魚を狙うためのタックルを組むことにした。

 

タックル

 

仕掛けにガン玉を打つ時は、エサ取りをかわしつつ、仕掛けがしっかり馴染むことを意識して2段打ちするようにしている。

ハリスの真ん中に打っているガン玉は仕掛けを引っ張って仕掛けが馴染むようにするためのガン玉。

ハリスの針上20cmに打っているガン玉は、

  • サシエがエサ取りのタナをスムーズに通過して本命のタナまで行くようにする!
  • 針からガン玉までのハリスに張りをもたせ、魚のアタリを鮮明にする!

の2つの役割をもたせる目的でこの位置に打っている。

「針の近くにガン玉を打つと魚に警戒されて喰いが悪くなるのではないか?」

といった疑問を持たれる人もいるだろうが、これまでの経験上、喰いが悪くなったと感じたことはない。

むしろ、針の近くにガン玉を打たない仕掛けに比べて、アタリがより鮮明に出るようになった気がしている。

魚の活性が低く小さいアタリしか出さない状況では、ハリスがたるんでいると、魚のアタリが明確にウキに現れず、魚を掛けるチャンスを逃してしまうことになる。

ハリスに打つガン玉の位置については、釣り人の考え方や仕掛けによって変わってくるが、

  • 魚のアタリが取れない時
  • エサ取りのタナを突破して確実に本命のタナにエサを届けたい時

は、針上15cm~20cmにガン玉を打った仕掛けで狙ってみると取れなかったアタリが取れるようになったり、エサ取りをうまくかわせるようになり、釣果UPが期待できるので試して頂きたい。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥74,924
(2022/01/28 10:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

チームのメンバーが「BB-X スペシャル MZⅢ」を購入!

ズームアウトした時に5.5mの長さになるので、那覇一文字などの足場が高い釣り場では非常に釣りやすそうに感じた!

「BB-X スペシャル MZⅢ」はSZⅢよりもロッドの長さが20cm長いのだが、釣り場によってこの20cmの差が大きく、ラインメンディングのしやすさも変わってくる!

沖縄の店頭で探しているが見つからないので、通販で購入しようか検討しているのはここだけの話。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥83,611
(2022/01/29 02:11:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

エサ

【マキエ】

  • マルキュー グレパワーV9
  • 磯マダイホワイトⅡ
  • 生オキアミ
  • ボイルオキアミ 
created by Rinker
マルキュー(MARUKYU)
¥1,045
(2022/01/29 03:52:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

【サシエ】

  • くわせオキアミスペシャル Lサイズ
created by Rinker
マルキュー(MARUKYU)
¥1,390
(2022/01/29 03:12:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

釣り開始

07:00 釣り開始。

上げ潮で潮の流れが左から右に流れている状況。

仕掛けを投入する前にマキエを立ち位置よりも左側に巻く。

潮の流れでマキエが流されて、立ち位置の正面でマキエが中層まで沈下して中層で仕掛けと同調するイメージを描いて釣りをする。

マキエを撒くとエサ取りのオヤビッチャなどがすぐに表層~中層でマキエを拾っているので、本命のトカジャーやサンノジにサシエを届けるのにかなり苦戦する。

マキエを巻いて少し時間を置いてエサ取りの数が少なくなった時に仕掛けを投入し、エサ取りを交わして本命のタナまでサシエが持つように調整する。

しかし、サシエが本命のタナまで到達した時には、

  • 本命のタナにいるエサ取りにサシエを取られる
  • 本命のトカジャーやサンノジが既にエサ取りと一緒に居なくなっている

といったことがあり、なかなか本命を掛けることができない。

 

本命のトカジャー数匹が沖まで泳いでエサを拾っている様子を確認したので、仕掛けの投入ポイントをエサ取りが泳いでいけない沖のポイントに変更する。

エサ取りがいないので本命のトカジャーを狙いやすくなったが、沖のポイントは潮の流れが早いのでマキエとサシエを同調させるのが難しい。

何とかマキエとサシエを同調させてもトカジャーはスレていてサシエ無視。

トカジャーが本当にマキエのオキアミを拾っているのかを再確認するために、オキアミだけを撒いて確認する。

トカジャーは確かに口を使ってオキアミを食べており、トカジャーだけでなく足元にいるサンノジもしっかりとオキアミを食べている。

オキアミだけを撒いてその中にサシエを投入して狙ってみるが、サシエのオキアミは喰わない。

ハリスが見られているのか?

それとも、仕掛けのオキアミの動きに違和感があるので喰わないのか?

トカジャーが喰わない理由は不明だが、完全に見切られている。

ハリスを2号まで落としてもサシエをスルーする。

それでも粘り強く沖のポイントでトカジャーを狙う。

マキエが効き始めてトカジャーのタナが上がってきているにも関わらず、やはりサシエのオキアミは触らず、悠々と泳いでおり、まるでトカジャーにあざ笑われているかのよう。

しばらくトカジャーの様子を確認していると、海底に溜まったマキエを拾っているトカジャーもいたので、海底で喰わせることにする。

 

狙うタナを変更するので、仕掛けも変更。

ウキを「釣研 ぜクトα」から「釣研 ツインフォース深攻1号」に変更。

中層から底までしっかりと仕掛けを入れることができるように1号の2段ウキ仕掛けにした。

潮の流れ(横の流れ)が速くハリスにガン玉を打ったので仕掛けがウキ止めまで馴染むと沈んでいく浮力設定にした。

 

仕掛けを変更して数投目!

仕掛けが馴染んでウキがジワリジワリと沈んでいく。

ウキがかすかに見えるところまで仕掛けが馴染んだところで、バチバチ~!

スプールを抑えている指が弾かれ道糸が出ていく!

ベールを起こしてやり取り開始!

掛けた瞬間から分かる良型の魚の引き!

道糸は5号でハリスも4号なので、ドラグをキツめに締めてラインが出ていかないようにしてある。

魚は左の堤防の隙間に向かって一直線に走る!

ロッドで魚の引きを受け止めるがのされそうになったので、レバーを使って少しラインを出して竿を立てる!

BB-X スペシャル SZⅢ 2号 が綺麗な弧を描き魚の引きを受け止めてくれているが、それでも魚は左の堤防の隙間に一直線!

根に入られないように竿を引いて魚の頭をこちら側に向かせようとしたところで、

フワッ。。。

 

バラシ。

ウキ止めより上の道糸の部分から切れていたので、魚との引っ張り合いに負けて切れたのだと思われる。

掛けた魚は不明だが良いサイズだったので非常に悔しい。

この大きなアタリを最後に大きなアタリはなくなり、釣れるのはオジサンやグルクン。

また、風が強くなり雨も降ってきて釣りづらい状況になったので納竿。

チームメンバーの釣果は、

  • グルクン
  • オジサン
  • 40cmオーバーのカンムリベラ

 

メンバーみんなで見えている良型のトカジャーやサンノジを狙っていたが、誰も釣り上げることはできなかった。

 

まとめ

 

冬の時期にしてはフカセ対象魚の活性が高かった。

釣り開始直後は良い釣果が期待できそうだったが、魚がスレていて良型の魚を釣り上げることができなかった。

冬で水温が低下していて魚の喰いが悪くなっている可能性もあるが、年月の経過に伴い魚がスレてきているように感じる。

昔はもう少し魚が食ってきた気がします。

例年の釣り初めでは、魚が全く見えない時が多いが、今回は、魚が見えていてマキエを拾っているにも関わらず魚を掛けることができなかったので、確実に実力不足である。

ハリスを2号まで落としたが、相変わらずトカジャーはサシエのみをスルー。

ハリスをさらに細くすればトカジャーを掛けることができたかもしれないが、2号以下の細さでは掛けてもキャッチできないだろうと判断し、ハリスを2号以下に落とすことはしなかった。

ハリスを細くして魚を掛けたところで、バラしてしまえば他の魚も散ると思ったからだ。

フカセ釣りからしばらく離れていて腕が鈍っていることもあると思うが、自分の引き出しが足りないと思うので、今後も勉強しながら上達していき、勉強して得た知識や経験をブログを通じて発信していきたい。

筆者は小さい頃から先輩方の釣りブログを読んで色々と勉強させてもらったので、筆者もこのブログを通じて、ブログ読者の皆様の釣果UPに繋がる有益な情報を発信していく!

2022年もよろしくお願いいたします。

2021年 初釣り一泊二日の2021年初釣りで40cmオーバーのアーガイゲットしたので釣行記を書きます! ロッドはシマノのファイアブラッドオナガゲイルバードを使用したがこの竿は強い! 40cmクラスの魚なら竿を立てているだけで魚が浮いてきます!...