道具

シマノ プロテック 2018 リニューアル!!


記事を読むのにかかる時間: 2

シマノのプロテック(PROTECH)が生まれ変わって登場!

出典:シマノHP

プロテックと言えばシマノの磯竿の特徴を示すポジショニングマップにおいて操作性重視かつ胴調子を備えており左下に位置する竿!

胴調子の竿!

というイメージが強い竿ですね!

そんなプロテックが新しく生まれ変わったということですがどこが変わったのか?

見ていきましょう!

1.コアブランクス搭載

シマノの最高峰の磯竿であるイソリミテッドにしか搭載されていなかったコアブランクスを搭載!

「シマノHPより」

1.スパイラルXコア

2.パラボラチューンR

3.Xガイド

の3つが織りなすコアブランクスがNEWプロテックに搭載されました!

2.セパレートタイプグリップで大物とのやり取りも安心

こちらもイソリミテッド同様にセパレートタイプのグリップを採用!

リールシートから竿尻までのグリップの部分が2段階になっている!

リールシート下は細く、腕に当たる竿尻部分は太くなっているのでためやすく大物とのやり取りも安心ですね!

3.タフテックインフィニティ

「シマノHPより」

穂先には「柔軟」かつ「丈夫」であるという相反する機能が求められる。

柔軟性を求め細くしすぎてしまうとすぐに折れてしまうし、

丈夫さを求め太くしてしまうと竿先が重くなり操作性が低下する。

しかしながら、タフテックインフィニティはこの相反する機能を両立させ、

タフテックαから巻き込み強度をさらに強化!

実際にタフテックインフィニティの動画を見たのですが、これでもかというほどに巻き込んでも折れない!

これには本当に驚きました!

ハリスを長く取る1000釣法の場合には、魚とやり取りをしている際にうっかり糸を巻き込んでしまいがちです。

タフテックインフィニティを備えたNEWプロテックであれば巻き込みの心配は無用ですね!

ラインナップ

1号~1.7号までのラインナップがありますが、個人的には2号まで出して欲しかったですね~。

細糸をタメきって獲る!

スレた魚をかけるために細ハリスを使う釣りで大活躍しそうですね!

思いっきりブチ曲げてみたいですね~!

発売は2018年9月予定ということです!

SHIMANO TVにて製品紹介動画をご覧頂けます!

出典:SHIMANO TV